雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Karl Olandersson 『 I Like The Way You Shake ~ 』

   ↑  2006/03/02 (木)  カテゴリー: 未分類

本作が昨年リリースされたカール君の第二弾です。前作『 introducing 』ではを披露していましたが,流石にトランペッターとしての実力全曲ヴォーカルも見せなきゃ真摯なジャズ・ファンにソッポを向かれると心配してか,ヴォーカルは10曲中6曲にとどめ,他の4曲でしっかり勢いのよい演奏を聴かせてくれています。タイトル・チューンの<I Like The Way You Shake That Thing >はチャールス・マクファーソンの曲ですが,8ビートのジャズ・ロック調の曲で,ちょうとBlue Note4000番台のリー・モーガン風のファンキーな節回しで聴き手を魅了します。アルバム後半の4曲の歌物は,スウェーデンの実力派ミュージカル・シンガーであるミラ・マルムバーグのオリジナル曲です。ミラもコーラスで参加,一曲でデュエットの披露しています。彼女の楽曲はジャズではないのですが,何となく80年代のAORサウンドのようなポップな感じで僕は好きです。間奏でのカール君のソロも歌心満載の美ソロです。ちなみにジャケットの膝枕をしてくれている女性はミラ・マルムバーグではないですよ。なにしろミラ・マルムバーグはペーター・ノーダールの令夫人ですから。

Karl Olandersson 『 I Like The Way You Shake That Thing 』
(2005 Arietta Discs , Spice of Life)
Karl Olandersson (tp)
Peter Nordahl (p)
Patrik Boman (b)
Harry Wallin (ds)
Myrra Malmberg (vo)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-827.html

2006/03/02 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Patrik Boman 『 Seven Piece Machine 』
この前の記事 : Karl Olandersson / introducing

Comment


了解です

杉田さんは、昔の友人でして・・・。
「ブックのある」はちょっと洒落で、彼は以前、本屋さんの店長さんでした。
当時から輸入盤購入比率は凄かったです。
----------
チェットの映画「レッツ・ゲット・ロスト」に映画のシーンであったような気がしてます。手元にないんで何ともですが、イタリア映画だったような・・・。

Sugar |  2006/03/10 (金) 22:43 [ 編集 ] No.1921


sugar さん,こんばんわ。

>仰せの通り、<サンロレンツォ>ですよ。
そうですよね。やっぱり<思い出のサンロレンツォ>は,いくらメセニーがこれからも新譜を出していっても,僕にとっては一番です。あの響きはone and onlyです。

>“ブックのある”杉田さんとはなにかありますの?

ブックのあるって,なんですか。
杉田さんって,杉田宏樹さんのことでしょうか。
もちろん何もありません。ただのファンです。

クリス |  2006/03/10 (金) 22:16 [ 編集 ] No.1922


サンロレンツォで決まりです

仰せの通り、<サンロレンツォ>ですよ。
当時はアナログで何回聴いたか!
<ついておいで>もなぜか好きな曲です。
当時(初来日)はまだ一般の人にはMetheny Who?
状態でしたから。いまでこそ、「あのバンドは
普通にああいう音を出すんだ」と知られてますが、
当時はびっくりしました。ライブでも透明感のある
クリアなサウンドを聴かせていたのが驚きでした。
これからもよろしくお願いいたします。
“ブックのある”杉田さんとはなにかありますの?

Sugar |  2006/03/09 (木) 23:59 [ 編集 ] No.1923


sugarさん,はじめまして。



>見た瞬間、チェット・ベイカーかと思いました。

実物はそんなに似てないと友人が言ってましたが,このジャケは凄く似てますよね。狙ってますね。

sugarさんのブログも先ほど拝見させていただきました。パット・メセニーの「アメリカン・ガレージ」なんかが紹介されていて,懐かしく拝見しました。今でもメセニーの最高傑作は<サンロレンツォ>だと僕は思っているのですが。

それから,Liveplasmaを紹介されてましたよね。あれ,僕も以前よく遊びました。面白いですよね。自分の趣味が見透かされているよな人脈図が出てきて,最初はびっくりしました。久しぶりにいじってみましたが,やっぱり面白いですね。僕のブログでもいずれ紹介しょうと思ってました。

これからも,よろしくお願いします。
では,また。

クリス |  2006/03/09 (木) 23:02 [ 編集 ] No.1924


チェットを思い出しました

思わずジャケットに反応。
見た瞬間、チェット・ベイカーかと思いました。ここ9年ぐらいジャズはブランクでしたので。
すいません。変なこと書いて。
ジャズ構造改革は書きたいこと山のようにありますが、まぁ、その手(彼らのやり口)には乗らないよ、というのが私のスタンスです。

Sugar |  2006/03/09 (木) 22:04 [ 編集 ] No.1925

コメントを投稿する 記事: Karl Olandersson 『 I Like The Way You Shake ~ 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Patrik Boman 『 Seven Piece Machine 』
この前の記事 : Karl Olandersson / introducing
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。