雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Patrik Boman 『 Seven Piece Machine 』

   ↑  2006/03/02 (木)  カテゴリー: 未分類

カール・オランドソンの『 introducing 』をプロデュースしていたのが,ペーター・ノーダール・トリオのベーシスト,パトリック・ボーマンです。ご存知だとは思いますが,僕らが世話になっている北欧音楽に特化した国内販売レーベルである<Spice of Life Inc>が取り扱うスウェーデン・ジャズ・レーベル,Arietta Discs(アリエッタ・ディスクス)の主宰者がこのスキンヘッドのオジサン,ブーマンさんです。この人,ペーター・ノーダールの1995年の初アルバム『 Crazy She Calls Me 』に参加してから今日までずーっと,ペーター・ノーダールと一緒に行動を共にしてきて,片時もそばを離れたことがありません。必ずペーター・ノーダールのベーシストはボーマンです。よっぽど相性が良いのでしょうね。

このボーマンさん,ペーター・ノーダールのバックでは猫をかぶっていますが,実はとてつもなくベースが巧くて,しかも才能のある編曲家です。そんな彼が自らのビ・バップ・バンドを結成したのです。それがPatrik Boman Seven Piece Machine ( pb7 )です。既に3枚のアルバムをリリースしています。最新の『 Deep City Blues 』はつい先月くらいの発売だと思います。上の写真は彼の1stで,1999年の作品ですが,例の「幻のCD廃盤・レア盤 掘り起こしコレクション」に掲載されちゃったもんだから,最近再プレスされて容易に入手可能になりました。

ジャケットが怪しいのでなかなか食指が伸びませんが,これがどうして,コテコテのバップを演ってるんですよ。バップといってもカンザス・ジャズ,カウント・ベイシー風であったりするのですが,それに現代的アレンジも施され,オジサンにも若者にも愛されるバップ・アルバムに仕上がっています。昨日もちょっと取り上げたAtomicのメンバーであるトランペットのマグナス・ブローが参加していますが,かなりストレートなバップ・イディオムを用いています。フレドリク・ユンクヴィストもそうですが,Atomicのメンバーって,本当はオーソドックスな演奏も凄く巧いんですね。当たり前か。このアルバム,絶対イイですよ。

PATRIK BOMAN(b)
MAGNUS BROO(tp)
KARL MARTIN ALMQVIST(ts,as)
PER TEXAS JOHANSSON(ts,cl,bcl,cbcl)
GUNNNAR BERGSTEN(bs,fl)
PETER NORDAHL(p)
JESPER KVIBERG(ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-828.html

2006/03/02 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Patrik Boman 『 Seven Piece Machine 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。