雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Chris Potter 『 Underground 』

   ↑  2006/03/05 (日)  カテゴリー: 未分類

2004年の『 Live at The Vangaud 』に続き,通算11作目になるクリス・ポッターのリーダー・アルバム『 Underground 』を推挙したいと思います。既に発売後2ヶ月程経っていて,naryさんナカーラさんがレビューを書いていらっしゃるので,ちょっと書きにくいのですが。

今回はバンド・メンバーが一新されています。調べてみたらNYCのダウンタウンにあるジャズ・バー,55 Barでのギグ仲間から結成された非4ビート・ジャズ系ジャム・バンドのようです。デイヴ・ホランド・クインテットなどに参加していたネイト・スミス(ds),ジェームス・カーターなどとの活動で知られるクレイグ・タボーン(key),そしてスティーリー・ダンのサイド・ギターリストとしてツアーにも参加してきたウェイン・クランツ,彼はもうすぐ発売になるドナルド・フェイゲンのソロ・アルバム『 Morph The Cat 』にも参加しています。そうそう,ベース不在のバンドなんですね。そのあたりは最近のジョシュア・レッドマンの「エラスティック・バンド」と同じですね。出てくる音もジョシュアの音楽に通じるものがあり,やはりポスト・ブレッカーを狙い,どうしてもジョシュアを意識しないわけにはいかないのでしょう。4ビート物は1曲もなく,硬派フュージョンと言ってよい楽曲が多いです。自由度の高い構成,しかしキメも多用し,各人の持ち味を十分に出せる,まさにジャム・バンドの理想系です。

クリス・ポッターは先日リリースされたキャスパー・ヴィヨームの『 Hands 』でモーダルな楽曲で,素晴らしい演奏を聴かせてくれましたが,今回はビートの効いたファンク・,リズムが多いため,どうしても縦乗りの断片的なフレーズ,ラインになりがちですが,それでも歪んだフレーズがいかにもクリス・ポッターらしく,ファズ・トーン,フラジオも強力で,一皮剥けたポッター節が聴けます。

2曲でアダム・ロジャーズが参加してますが,クリス・ポッターのツアー・スケジュールを見たら,どうもギターはウエイン・クランツではなく,アダム・ロジャーズがツアー・メンバーとして参加しているようです。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-829.html

2006/03/05 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : レコードが危ない
この前の記事 : Chris Potter / Underground

Comment


ピアッツア

あのブログのちょっと前のところではソロをやっているのですが、もろスパニッシュですよね。
上手いからスパニッシュが出来るのか、スパニッシュをやっていたからなんでもできるのかは分かりませんが、凄いことには違いないです。

当時のマクラフリンの映像があるのだったら、ぜひカイ・エクハルトも観てみたいものです。
グルトゥの「座りドラム」を観たのは以前TVに入った自己バンドでのモントルー・ジャズフェス(たぶん2001年)以来ですが、そこでは使っていないのですが、水を張った水槽がなんとも凄いですね。

nary |  2006/03/06 (月) 06:43 [ 編集 ] No.1926


マクラフリン・トリオ

ナリーさん,こんばんわ。
非常に役に立つ情報ありがとうございました。
早速,ピアッツァの映像観ました。
あーやって演奏してたんですね。
親指使ってるんですね。アンソニ・ジャクソンにたいです。
ベースというより,大きいギター弾いている感覚なんでしょうね。
まあ,邪道と言えば邪道ですけどね。

あの曲,マクラフリン・トリオの1992年のアルバム「que alegria」のタイトル・チューンだと思います。CDではグルトウとマクラフリンのスッキャト(7分20秒~これが凄い!!)が終わって演奏がはじまる瞬間(9分30秒)がカッコイイんですよ。

グルトウもああやって叩いているなんて,CDを聴いていたら分かりませんからね。映像の方が面白いです。

いや~,面白いブログ作っている人でいるもんですね。

クリス |  2006/03/05 (日) 23:23 [ 編集 ] No.1927


全く関係ないのですが・・・

ドミニク・ディ・ピアッツアのマクラフリン、グルトゥのトリオ演奏の映像をUPしているブログを発見しました。
1曲約10分、十分に見ごたえがあります。
暇な時にでもぜひご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/flim1971/archives/50371002.html" target=_blank>http://blog.livedoor.jp/flim1971/archives/50371002.html

nary |  2006/03/05 (日) 22:19 [ 編集 ] No.1928


こちらからもTBさせてもらいました

アダム・ロジャーズがツアー・メンバーなんですね。
ウエイン・クランツもあちこち忙しい人のようだからなぁ。
このメンバーで日本にも来てぜひ一嵐吹かせてもらいたいものです。

nary |  2006/03/05 (日) 22:05 [ 編集 ] No.1929

コメントを投稿する 記事: Chris Potter 『 Underground 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : レコードが危ない
この前の記事 : Chris Potter / Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。