雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Pim Jakobs 『 Come Fly With Me 』

   ↑  2006/03/07 (火)  カテゴリー: 未分類

ピム・ヤコブスはオランダのピアニストで,リタ・ライスの伴奏ピアニストとして名をはせた人です。後にそのリタ・ライスと結婚しましたが,1996年に病死しています。そんなピム・ヤコブスのだれもが認める彼の生涯最高傑作が,本作『 Come Fly With Me 』 (1982 PHILIPS)です。オリジナルは高額取引商品で大体50.000円ほどします。当然,僕の持っているのは1991年のjapanese pressing ですが,それでも10.000円ほどするみたいです。

91年にこのレコードを買ったときは,あまりにも素晴らしい演奏,音,録音に聴くのがもったいなくなり,それこそ盆,暮れにしか針を落とすことがなかったアルバムです。今までこのレコードはvinyl だけ取り出し別の無地ジャケに入れ,ジャケットは前後を屑レコードで覆い,完璧に保存していたので,今でもぴかぴかです。そんな大事な大事なアルバムが,今回,「ユニバーサル・ジャズ・ヨーロピアン・コレクション・パート1」としてCDで復刻されました(もしかすると90年代に一度CD復刻されているかもしれませんが)。

このシリーズの中には,リタ・ライスのアルバムが6枚含まれています。全部欲しいところですが,そうもいかないので今回はオリジナルは数十万円すると言われる『 The Cool Voice of Rita Reys No.2 』と,ピム・ヤコブス,ケニー・クラーク競演の『 Jazz Pictures 』,そしてこの『 Come Fly With Me 』を買ってきました。

これで思う存分聴くことが出来ると嬉しい反面,あまり身近にあるとその有り難味を忘れてしまいそうなので,聴きすぎも禁物ですけどね。こういうイイ演奏は,年に数回しか聴かない方が長持ちするものです。このアルバムは,その演奏内容もさることながら,その録音の素晴らしさで,世のオーディオ・マニアを唸らせました。非常にクリアな音で,多少,ルード・ヤコブスのベースの音がアンプ臭いのが僕としては気になりますが,それでも凄く低音が伸びて,しっかりボトムを支えるバランスに優れた録音です。ピーター・イプマのシンバルも部屋いっぱいに広がる清清しい音色で魅力的です。

全8曲で44分。LP時代のちょうどいい録音時間で,捨て曲なし。中だるみなし。最初から最後まで心地よくスウィングし,ビールでも飲みながら,あるいは読書をしながら聴くにはちょうど良いアルバムです。

1 I've Got The World On A String
2 Spring Will Be A Little Late This Year
3 Come Fly With Me
4 Autumn Leaves
5 Who Can I Turn To
6 I Love You
7 Body And Soul
8 Sultry Serebade
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-832.html

2006/03/07 | Comment (5) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Pim Jakobs / Come Fly With Me
この前の記事 : Johney Griffin 『 The Congregation 』

Comment


Jacobs/Reys

67camperです。
originalはバカ高いやつですね。自分のも日本盤再発です。10000円するとは知りませんでした。
録音すばらしいです。メグのT氏絶賛のアルバムですよね。確か・・・。

ライスのジャズピクチャーズも入手困難盤でしたね。これもオリジは超高いでしょう。
再発国内盤でもなかなかみつからなかったです。スタンダード中心で聴きやすいアルバムですよね。

67camper |  2006/03/09 (木) 00:33 [ 編集 ] No.1934


VENTO AZULさん,こんばんわ。

>最近何らかの整理方法をしないと駄目だなと思っている次第です。
クリスさん、すずっくさん、naryさんはどんな整理方法ですか?


ナリーさんはレーベル別に整理しているようですよ。

僕はレコードもCDも楽器別です。有名ミュージシャンはその楽器別の分類の中で小見出しをつけて整理しています。Blue Noteだけは別にして,番号順に整理して悦に浸っています。棚に入りきらなくなると,聴かないものから間引きしてダンボールにつめて実家に送ってます。完全な屑盤はDUに出しちゃいますが,僕が屑だと思ったものは,DUの人も屑だと思うらしく,ほとんど100円から200円で引き取られていきます。

買ったつもりがいくら探してもなかったり,逆に同じCDが数枚なぜか出てきたり,そんなことが良くあります。

クリス |  2006/03/08 (水) 20:45 [ 編集 ] No.1935


COME FLY WITH ME

ピム・ヤコブ良いですね。
クリスさんの聴き方は大正解だと思います。
そういう聴き方だと何十年にも渡って聴けるに値する作品だと思います。
ところで、私はCD,買った順に並べています。
ミュージシャン、レーベル、楽器、アルファベット別の分類一切なしです。
これでも、だいたいのものが1分以内に探し出す事が出来ました・・・
過去形なのは3000枚越えてから「どこだったかなぁ?」ということが出てきたこと。
そうなると当然行方不明に・・・
最近何らかの整理方法をしないと駄目だなと思っている次第です。
クリスさん、すずっくさん、naryさんはどんな整理方法ですか?

VENTO AZUL |  2006/03/08 (水) 10:22 [ 編集 ] No.1936


すずっくさん,こんばんわ。

>すごく、再発が話題になって、CDだけど、ヒートアップしましたよね?

再発って,97年頃のことですかね。僕,それ知らないですよ。その頃は仕事が忙しくてジャズから一時期遠ざかっていた頃かもしれません。

>久々、聴いてみよう、って棚捜したけどないのですね。
気分だけだったのでしょうか?

わかる,わかる。そういうことって僕もあります。最近ではフランク・アムサレムの「Out A Day」を昔買ったはずなのに,棚の何処を探しても無い。絶対買ったと思っていたのに。やっぱり買ってなかったのかな~。

クリス |  2006/03/07 (火) 23:22 [ 編集 ] No.1937


これ、、これ。

すごく、再発が話題になって、CDだけど、ヒートアップしましたよね?
なんか、全然買う気がなかったのに、、
買っちゃったきがしてたんですが、、
久々、聴いてみよう、って棚捜したけどないのですね。
気分だけだったのでしょうか?
明日、、、もう一度、、捜索してみます。

すずっく |  2006/03/07 (火) 23:07 [ 編集 ] No.1938

コメントを投稿する 記事: Pim Jakobs 『 Come Fly With Me 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Pim Jakobs / Come Fly With Me
この前の記事 : Johney Griffin 『 The Congregation 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。