雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Austin Peralta 『 Maiden Voyage 』

   ↑  2006/03/14 (火)  カテゴリー: 未分類

金髪のロングヘアーに高貴な顔立ち。一見クラシックのCDかと勘違いするジャケットのオースティン・ペラルタのデビュー・アルバム『 Maiden Voyage 』です。あまり期待せず買ったのですが,これがめちゃくちゃ良かったです。

聴き手にとってミュージシャンの年齢など関係ないのですが,この演奏が15歳の少年の指から奏でられているとは,俄かに信じられません。ハンコックの<Maiden Voyage>ではテンポを変えながら緩急に富んだ構成で,<Maiden Voyage>に新たな命を吹き込んだ素晴らしい演奏ですし,超絶技巧派にしか演奏を許されないチック・コリアの<Spain>でもややスパニッシュ・フィーリングに欠けますが,早くも貫禄のある安定感のある演奏で,インパクト大です。その他の<いそしぎ>,<Green Dolphin Street >,<いつか王子様は>など,日本のリスナーを意識した選曲は,88レーベルのプロデューサー,伊藤八十八氏の戦略もあったのでしょうか。

ドラムのビリー・キルソンって僕の知らないミュージシャンなのですが,まるでトニー・ウイリアムスのように,バタバタ,ストトトと,キック,タム連打の応酬でオースティン君を激しく煽ります。録音もドラムの音がデカくで気持ちいいし,個人的には大好きなタイプのドラマーです。それに対しベースのロン・カーターはいつもながら「我関せず」のマイ・ペースで,ちょっと不満です。音もいつものアンプ臭いべたべた音だし,もうちょっと汗かくくらい一生懸命に弦を引っかいてくれよと言いたくなります。録音もオフ気味ですし。このロン・カーターという人選はオースティン君の希望だったようです。伊藤八十八氏が「どんなプレーヤーと演奏したいの?」と尋ねたところ,彼は「ベースはロン・カーターがいいなぁ~」と答えたそうです。ちなみにセカンド・チョイスはデイブ・ホランド,サード・チョイスはクリスチャン・マクブライトだったそうです。僕としてはクリスチャン・マクブライトと演った方が演奏が締まったと思うんですけどね~。でもドラムのビリー・キルソンがトニー・ウイリアムス系なので,<Maiden Voyage>などまるでハンコック・トリオの新譜かと錯覚するような演奏です。

いずれにしても,これほどジャケットから受ける印象と実際の演奏との間に乖離のあるアルバムはめずらしいんじゃないでしょうか。これは思わぬ掘り出し物です。
まずはオースティン君の<処女航海>は成功ですね。これからも頑張ってください。くれぐれもセルジオ・サルバトーレのようにならないでくださいね。

P.S. 3月から4月にかけて,来日するみたいです。一方,3月21日23時,スカパー271chのMusic Airに出演もする予定です。ライブは行けそうもないので,せめてこれは観なきゃ。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-834.html

2006/03/14 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


トラバ,ありがとうございます。

>新作でマイルスをカバートリビュートしているようで、そちらのほうが恐ろしい。

そうですね。誰が買うんでしょうかね。
こんなのを「ゴールドディスク」に選ぶSJも
完全に駄目ですね。
でも,図書館にあったら聴いてみてもいいかも。

クリス |  2006/07/02 (日) 21:17 [ 編集 ] No.1947


すごい子は応援しましょう

聴きたいと思っていたのですが、自分では買う気がしなくて、レンタルで聴きました。これ聴きたいと思ったのもクリスさんの記事が頭にあったからかも。TBさせて頂きます。ここ2日でロン・カーターの雇われお仕事聴きましたが、その方がまだ良いのでないでしょうか。新作でマイルスをカバートリビュートしているようで、そちらのほうが恐ろしい。

monaka |  2006/06/27 (火) 20:42 [ 編集 ] No.1948


ロン・カーターは,

もう駄目ですよね。

おそらく,ウィーン・フィルやベルリン・フィルのコントラバス奏者は,全員,ロン・カーターより上手いでしょうね。

>八十八先生もヤキがまわったかなぁ、と。

オースティン君がロン・カーターとやりたいと駄々をこねたんじゃないですかね。

クリス |  2006/03/16 (木) 22:40 [ 編集 ] No.1949


その通り、ロン・カーターは無謀です

> としてはクリスチャン・マクブライトと
> 演った方が演奏が締まったと思うんです
> けどね~。
その通り。
八十八先生もヤキがまわったかなぁ、と。
きっと一ノ関『ベイシー』にも持っていっているんだろうなぁ。

Sugar |  2006/03/16 (木) 12:47 [ 編集 ] No.1950

コメントを投稿する 記事: Austin Peralta 『 Maiden Voyage 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。