雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

John Mclaughlin Trio DVD

   ↑  2006/03/21 (火)  カテゴリー: 未分類

35日にブログ「Jazz&Drummer」の管理人naryさんから,ドミニク・ディ・ピアッツァの動画がみられるブログElectric BASS+etc…を紹介していただき,感激して観ておりましたが,その動画の元はGoogle Videoの映像なんですね。それ以来,Google Videoがちょっとしたマイ・ブームになっております。結構,暇つぶしには面白いサイトで,適当に検索用語を入れて楽しんでいます。ちなみに「Bass solo 」と検索してみるとドミニク・ディ・ピアッツァ以外にもマーク・キングヴィクター・ウッテンのソロが見られます。そのほかにも面白いbass soloではone handed bass solo なんていう映像があったのですが,これがなかなか凄いアマチュア・ベーシストです。ベーシスト必見ですよ。

で,話はドミニク・ディ・ピアッツァに戻るのですが,
Google Videoにあるこの映像は1990年頃のJohn Mclaughlin Trioの物なんですが,きっとブートレグDVDでも存在するのではないかと探したところ,これがあったんです。Google Videoの映像と同じではないようですが,1991年頃のベルリンでのライブ映像で,メンバーは同じくマクラフリン,ピアッツァ,それにパーカッションのトリロク・グルトウで,アルバムでいうと『 Que Alegria 』(1992 Verve)の時のものです。おそらく世界一高速なフレーズが弾ける超絶技巧のベーシスト,ピアッツァがたっぷり観られます。また,インドの怪人ドラマー,通称お座敷ドラマーこと,トリロク・グルトウにも目が釘付けです。詳しくはnaryさんのブログに書かれていますので参照してください。なにしろ座ってドラムを叩くんですから,目が点です。水の張ったバケツの中に鈴やシンバルを浸したり,彼が考案したという尻尾の生えた太鼓のようなすスプリング・ドラムという楽器を披露したり,更には,マクラフリンとヴォイス・パーカッション?の掛合いをしてみたり,次々と技を披露し楽しませてくれます。マクラフリンもギター・シンセ(フォトン)をアコースティック・ギターにつなぎ,まるでザビヌルのような世界を創り上げていきます。

 
左:グルトウとマクラフリンのヴォイス・パーカッション合戦。横で観ていた妻は笑っていました。「二人の声が合ってないじゃん」。こいつにはジャズのインプロビゼーションというものが理解でいないようです。
右:なべの蓋みたいなものを水に沈めてピッチを変えています。ギターのトレモロ・アームのような効果でしょうか。
 
左:クラシック・ギターと全く奏法は同じです。ベーシストとしては邪道ですが,ここまで弾ければたいしたもの。ジェフ・バーリンを軽~く飛び越えています。あんたが一番。
右:ほら,立て膝で叩いているでしょう。左足でハイ・ハットを踏んでいます。バスドラの代わりにローチューニングのタムを右手で叩いています。

↑これがスプリング・ドラムです。よくわかりません。





この頃のギター・トリオはベーシストが次々に代わっていきましたね。ジョナス・エルボーグ,ジェフ・バーリン,カイ・エクハルトなど。できれば彼らの在籍していた頃の映像も観てみたいのですがないのでしょうかね。アルバムとしてもカイ・エクハルト参加の『live at Royal Festival Hall (1989)と,ピアッツァ参加の『 Que Alegria 』だけですから,ちょっと寂しいです。

最後にピアッツァ参加アルバムを3枚紹介しておきます。(以前に取り上げたものばかりですが)
  
左:今回紹介したDVDのメンバーでの唯一のスタジオ・レコーディング。こんなに素晴らしいトリオだったのにどうして短命で終わったのか不思議です。マクラフリンって,結構飽きっぽい性格ではありますよね。
中:デニチェン,ラングレーンと組んだユニット「Front Page」。ちょっと軽く流したフュージョンてな感じ。ピアッツァも押さえ気味の演奏です。
右:コモもバカテクですから凄く密度の高いジャズが聴けます。僕の愛聴盤です。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-837.html

2006/03/21 | Comment (11) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 車ジャケ
この前の記事 : Trio Acoustic 『 Autumn Leaves 』

Comment


flim1971さん,こんにちは。

また,レアなベーシスト映像,楽しみにしています。
今回はどうもありがとうございました。

クリス |  2006/04/05 (水) 18:08 [ 編集 ] No.1973


とんでもございません。

クリスさん、こんにちは。

> 勝手にリンク貼ってしまいすみませんでした。

いえいえ、とんでもございません。辺境のブログに来て頂き、どうもありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

flim1971 |  2006/04/04 (火) 12:37 [ 編集 ] No.1974


flim1971さん,はじめまして。

まず,勝手にリンク貼ってしまいすみませんでした。flim1971さんのブログを見たら,コメントする方が全然いなかったので,ちょっとコメント付けにくかったのです。

カイ・エクハルトの映像があったとはびっくりです。
早速拝見させていただきました。

ブートの映像アップも楽しみにしています。
これからも時々拝見されていただきますので,どうかよろしくお願いします。

クリス |  2006/04/02 (日) 12:48 [ 編集 ] No.1975


カイ・エクハルト

はじめまして。
「electric BASS + etc...」のflim1971と申します。

カイ・エクハルト在籍時の映像を載せてみました。(公式サイトへのリンクですが。)もしよろしければご覧ください。

カイ在籍時の映像は他にもブートで出てまして、1本だけ持ってます。そのうち断片をアップしてみます。

失礼しました m(_)m

flim1971 |  2006/03/29 (水) 10:55 [ 編集 ] No.1976


既出じゃない映像がいいですね

どうもです。
このマクラフリンは、やっぱり可哀想ですねぇ。でもこれを初めて見たときには思わず笑っちゃいました。
今回2回に亘って紹介してますが、旬な時に見ないと(ダウンロードしないと)消えるんですよ。YouTubeは。
ダウンロードの際は
http://javimoya.com/blog/youtube_en.php" target=_blank>http://javimoya.com/blog/youtube_en.php
再生するなら、
http://www.martijndevisser.com/blog/article/flv-player-updated" target=_blank>http://www.martijndevisser.com/blog/article/flv-player-updated
が必要です。ご存じでしたらすいません。

Sugar |  2006/03/21 (火) 22:55 [ 編集 ] No.1977


naryさん,ありがとうございます。

観ましたよ。良かったです。

グルトウの後釜にデニチェンが加入したんですよね。
デニチェンのソロも凄かった。
デフランチェスコの映像は初めて観たので嬉しかったですよ。

どうもありがとうございます。いつもいつも。

クリス |  2006/03/21 (火) 22:49 [ 編集 ] No.1978


トゥナイト・ショーのマクラフリン

sugarさん,こんばんわ。

面白いYou Tubeの情報,ありがとうございました。

マクラフリンって,確かに弾きすぎと思うことよくあります。あそこまで音で埋め尽くさなくてもね~。

彼にswingを求めるのも酷ですけどね。
トゥナイト・ショーも彼にチェロキーを演奏させるなんて,いじめ行為ですよね。観ている方は面白いですが。

暇をみつけてほかの動画も観てみます。
どうもありがとうございました。

クリス |  2006/03/21 (火) 22:38 [ 編集 ] No.1979


すみません

上のコメントにデニチェンのサイトのアドレスを入れ忘れてましたね。
http://www.dennischambers.com/dc_frameset.html" target=_blank>http://www.dennischambers.com/dc_frameset.html

nary |  2006/03/21 (火) 12:51 [ 編集 ] No.1980


YouTubeにも面白い映像が

http://blog.goo.ne.jp/sugar-s310/e/33e165b78f765d20bb24f37aa27bfef0" target=_blank>http://blog.goo.ne.jp/sugar-s310/e/33e165b78f765d20bb24f37aa27bfef0
YouTubeにある映像を拾ってみました。
トゥナイト・ショーに出演したマクラフリンは最高に笑えます。

Sugar |  2006/03/21 (火) 09:50 [ 編集 ] No.1981


マクラフリンDVD

>画質・音質的にはどうなんですかね。
音質はまあまあですが,画質はダビングを重ねたような粗悪物です。カラーなのにうっすらと色が付いている程度ですし。期待しない方が良いですよ。
僕としては面白さが画質に勝っているので,満足ですが。昔の映像のブートですから所詮こんなものでしょう。今のブートはかなり綺麗なものも多いですけどね。元ネタはテレビ放送された映像だと思います。

Google Videoでマクラフリンで検索すると,ビレリー・ラングレーンとのデュオ,パコデルシアとのデュオなども観れますよ。それも1時間近く。

ところで,このGoogle Videoの著作権って,どうなっているんでしょうね。

クリス |  2006/03/21 (火) 01:29 [ 編集 ] No.1982


なっ、なんと!

DVDがあったですと?
こりゃ凄いなぁ。
余裕があった時にでもぜひ入手したいと思いますが、画質・音質的にはどうなんですかね。
ブートレグなのであまり良くないのかな?

ちなみにマクラフリンに関してはデニチェンのサイトでも95年のフリー・スピリットの映像を観ることができます。
画面がちっちゃいですが、なかなか良いですよ。

nary |  2006/03/21 (火) 00:39 [ 編集 ] No.1983

コメントを投稿する 記事: John Mclaughlin Trio DVD

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 車ジャケ
この前の記事 : Trio Acoustic 『 Autumn Leaves 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。