雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Pippo Matino 『 Bassa Tensione 』

   ↑  2006/03/22 (水)  カテゴリー: 未分類

3月14日に当ブログで紹介した15才のピアニスト,オースティン・ペラルタが,昨夜,PerfectTV! の「ルーシーズ・ルーム」に出演していたので観てみました。アルバムのライナーノーツには,彼自身が競演したいベーシストとしてロン・カーターを指名したと書いてありましたが,インタビューの中では,「彼(ロン・カーター)のことは,競演するまであまりよく知らなかったんだ。でもその演奏を聴いてショックを受けたよ。素晴らしいんだ。」と答えていました。怖いもの知らずの15才ですね。末恐ろしい少年ですわ。

今日は,昨日紹介したイタリアの驚異のベーシスト,ドミニク・ディ・ピアッツァの流れで,もう一人,イタリアのベーシストを紹介したいと思います。ピッポ・マティーノというベーシストです。日本では全くの無名です。本国でもどれくらい知名度があるのかわかりません。でもフラビオ・ボルトロのデビュー・アルバム『 Road Runner 』(1999 Blue Note)やファブリティオ・ボッソも参加しているサバティーノ・マテウチの『 Stanky Ma Funky 』(2005 wide sound)にもクレジットされているくらいですから,そこそこ活躍しているのでしょう。

本作は1993年,VIA VENTOから発売された彼のおそらく唯一のリーダー・アルバムです。マイク・スターンが2曲で参加しています。その他にもロッコ・ジファレリも参加しています。ピッポのベースはジャコそっくりです。フレッテッドを弾くとジェフ・バーリンにも似ています。とにかく馬鹿テクです。ジャコの<Tenn Town>を演奏していますが,ウェザー・リポートの『 8:30 』での<Tenn Town>そっくりなんです。少しは自分なりにアレンジすればいいようなものを,全くそんな小細工をせず,ストレートにジャコを真似ているんですね。

ベーシストには面白いアルバムですが,一般的にはお勧めできないかもね。でも,中古店で安く見つけたら,聴いてみても損はないと思いますよ。

<訂正>
フラビオ・ボルトロのでデビューアルバムは『 Road Runner 』(1999 Blue Note)と書きましたが,VENTO AZULさんより,1991年9月録音のFLAVIO BOLTRO QUARTET/FLABULA(PENTA FLOWERS)が最も古いとのご指摘をいただきました。訂正してお詫びいたします。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-839.html

2006/03/22 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Emanuele Cisi 『 urban Adventures 』
この前の記事 : Emanuele Cisi 『 urban Adventures 』

Comment


pippo!

出たんですね~、VENTO AZULさんのところで入荷したみたいですが、どうしよう。

今回はザビヌル・トリビュートですか。
もともとジャコ・フリークであったPippoですが、ジャコにとどまらず、ザビヌル・フリークであもありますからね。

メンバーもいいですね。
WRのパコ・セリもいるし、エマニュエル・シシも参加している、ピアノのジュリアンも凄腕だし、前作よりもメンバー的には前作を凌ぐ勢いですね。買います。

criss to rhodia |  2008/07/19 (土) 15:55 [ 編集 ] No.1991


今日買いました。。

クリスさん。こんばんは。
恥ずかしながら「road runner」を今日ユニオンで買いました(苦笑)。リーブマンのCDを漁りにいったらみつけました。(Dream of niteを購入です)。そうそうPippo、リーダーアルバムを出しましたね。その中にもフラビオが入っているようです。
楽しみです

rhodia |  2008/07/18 (金) 00:09 [ 編集 ] No.1992


失礼しました。

>1991年9月録音のFLAVIO BOLTRO QUARTET/FLABULA(PENTA FLOWERS)が最も古いと思います。

失礼しました。調査不足でした。
本文最後で,訂正しておきます。

また間違いがありましたら,ご指摘の程,よろしくお願いいたします。

クリス |  2006/03/24 (金) 21:58 [ 編集 ] No.1993


FLAVIO BOLTRO

デビューアルバムは結構古く、私の持っている中では、1991年9月録音のFLAVIO BOLTRO QUARTET/FLABULA(PENTA FLOWERS)が最も古いと思います。
ちなみに、ピアノはマッシモ・ファラオです。
これ、滅茶苦茶いいですよ!

VENTO AZUL |  2006/03/24 (金) 01:19 [ 編集 ] No.1994


すげーや,やっぱり。

ボルトロの「「road runner 」も持ってるんですか。相変わらず凄いな~。

>このジャコもどき、どこかで話題になって知ってたのですが

えー,話題になったことあるんですか。この人はかなりレアだと思ったんですけどね。流石すずっくさん,僕とはレベル違うわ。

あれですね。すずっくさん,オラシオさん,VENTOAZULさん,それから,しぶちゃさん,晴れ時々のアーティチョークさんなどなど,みんな別次元です。僕からすると。信じられません。

クリス |  2006/03/23 (木) 21:21 [ 編集 ] No.1995


Sugarさん,こんばんわ。

>となると、八十八さんが悪いなぁ。やっぱり。

でも,ペラルタ君が誰かから「ロン・カーターは超ビック・ネームだから頼んでみたら:と吹き込まれた可能性もあるのかな,と僕は思いましたが。でも初リーダー・アルバムには,バックにビック・ネームを持ってくることは今や常識になっちゃいましたね。

ブログ,楽しませてもらってます。独特の切り口は新鮮で,面白いです。

クリス |  2006/03/23 (木) 21:13 [ 編集 ] No.1996


すずっく

>フラビオ・ボルトロのデビュー・アルバム『 Road Runner 』
そうだったの。デビューアルバムなのね??
中古でえらく安く落ちてたんで、もってるんですけどね。。。
ね・・・・ねぇ・・・・ね。

と、このジャコもどき、どこかで話題になって知ってたのですが、もってないのですね。
う~ん、、、なんか、違うアルバムもってるきがしますが。。なんだったんだろう。。
駄目、全然でてこないや。m(__)m

あ、、 |  2006/03/23 (木) 17:59 [ 編集 ] No.1997


航海で後悔

> 彼(ロン・カーター)のことは,競演する
> まであまりよく知らなかったんだ。

ありがとうございました。裏が取れた!
となると、八十八さんが悪いなぁ。やっぱり。
ペラルタ君の処女作『処女航海』にアナログ盤があるんですね。驚きました。88さんらしいといえば、らしいですけどねぇ。

Sugar |  2006/03/23 (木) 10:52 [ 編集 ] No.1998

コメントを投稿する 記事: Pippo Matino 『 Bassa Tensione 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Emanuele Cisi 『 urban Adventures 』
この前の記事 : Emanuele Cisi 『 urban Adventures 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。