雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Burt Bacharach 『 At This Time 』

   ↑  2006/05/05 (金)  カテゴリー: 未分類


今日は1歳になったばかりの息子と一日中遊んでいました。まだ歩けないので屋外での遊びは無理ですから,もっぱらリビングでおもちゃ遊びですけどね。子供って変なもので,高いお金を出して買ってきたオモチャでは遊ばず,100円ショップで買ってきたバケツや,ペットボトルの空などの方が好きみたいです。今夢中なテーマは「移動」であるようで,無印良品で買ってきた紙ボックスを押して歩いたり,中に入って引っぱってもらうのがお気に入りのようです。

話はちょっと変わりますが,この連休中に妻が毎日子供と一緒に観ているという
NHKの「おかあさんといっしょ」を僕も何度か観ていたのですが,その番組の中で「ぼよよん行進曲」という中西圭三さんが作詞作曲した歌が流れるのですね。この曲,初めに聴いた時はサビの部分が覚えやすくてイイ曲だなぁと思っただけだったのですが,2回目に聴いた時にジーンと来てしまい,目頭が熱くなっちゃったんでよ。40歳過ぎた大人が子供の歌で泣いちゃうのもお恥ずかしい話なんですけど,これがホント泣けるんですわ。子供の歌だからといって馬鹿にしちゃいけません。

「どんな大変な事が起きたって,君の足の下にはとっても丈夫なバネが付いてるんだぜ~」という曲なんですが,企業戦士たるサラリーマンへの応援歌のようでもあり,なんだかとっても元気がでる曲です。ついでにゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんの振り付けもよく出来ていて,特にサビの「ぼよよ~んと空へ,飛び上がってみよう」のところの振り付けがとっても可愛いくて,しょうこお姉さんの元気いっぱいの踊りを観ていると「よーし,明日からも頑張るぞー」ってな感じです。このしょうこお姉さんこと,拝田祥子さんは現在27歳で元タカラジェンヌだったのですね。どおりで激しい踊りでも息切れせず歌えるわけだ。

あなどるなかれNHK。さすが中西圭三。可愛いぞ祥子お姉さん(ちょっと化粧濃いけど)。

ちなみにこの曲,
4月の歌ですから,もしかすると来週から観られなくなるのかもしれません。



          

さて,もう息子も寝てしまったのでゆっくり音楽でも聴いて寝ましょうか。しっとりしたところでバート・バカラックの久々の新譜,『 At This Time 』なんぞを取り出して聴いております。今回は一曲目からループ物でびっくりしますが,やっぱりバカラック。随所にバカラック・メロディーを散りばめ,極上のAOR?作品に仕上げています。バックミュージシャンもAOR世代には涙物のリズム隊の定番ヴィニー・カリウタ&ニール・スチューベンハウス,それにクリス・ボッティーも美しいミュート・プレイを聴かせてくれます。お決まりの親友エルビス・コステロも参加。個人的には昔のバカラックの方が好きですが,なにしろ80才近いバカラックのことですから,これが最後のアルバムだと思いますので,バカラック・ファンは買わずにいられません。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-855.html

2006/05/05 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Marcus Printup 『 The New Boogaloo 』
この前の記事 : Benjamin Herman 『 Get In 』

Comment


だ、だ、大丈夫でした!

買っちゃいました。(笑)
クリスさんが心配された意味が分かりましたが、でも、ぜんぜん、平気です。ハイ。
新旧入り乱れてなかなか楽しいですよ。
しかし、ジャケを見て愕然としました。
寄る年波には勝てないのですね。
あまり人ごとではありませんが。
いいものをご紹介いただきました。
ありがとうございました。

Sugar |  2006/05/08 (月) 21:11 [ 編集 ] No.2049


sugarさん,こんにちは。

米ソニーBMGがXCPソフトウェアーを仕込んだ話は,sugarさんのコメントを見るまで知りませんでした。そんなことがあったのですね。びっくりです。

こころで,もう買われちゃいましたかね~。
昔のバカラックを期待して買うと結構幻滅しちゃいますよ。
今までラブソングばかり作ってきたバカラックが,80歳を前に何を思ったのか,急に政治的メッセージソングを歌いだしたのです。死ぬ前に1つぐらいシリアスなアルバムを作って逝きたかったのでしょうか。

本作を聴いた後に,何となく昔のバカラックのCDを取り出して聴きたくなりました。

クリス |  2006/05/07 (日) 12:46 [ 編集 ] No.2050


ソニー→BMG

米国ソニーで回収騒ぎになった盤なんですね。(PC上でかけると例の変なソフトを入れると騒ぎになった)
BMGからの発売となるようです。(ちゃんと調べろ→俺)すいませんでした。
今日、買いに行きまーーす。

Sugar |  2006/05/06 (土) 09:02 [ 編集 ] No.2051


バカラックいいですね

うーーん、いいですね。バカラック。
ちなみにこの盤、レーベルはどこでしょうか?
買いに行こうと思いますので。

Sugar |  2006/05/05 (金) 23:36 [ 編集 ] No.2052

コメントを投稿する 記事: Burt Bacharach 『 At This Time 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Marcus Printup 『 The New Boogaloo 』
この前の記事 : Benjamin Herman 『 Get In 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。