雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Darren Barrett 『 First One Up 』

   ↑  2006/05/14 (日)  カテゴリー: 未分類

昨日,一週間ぶりに帰宅したらなんと1歳になる長男,チサトが2足歩行しているではありませんか。僕にとっての一週間はあっという間ですが,子供にとっては大きな進歩の一週間なんですね。歩けるようになったことだし,今日は八景島シーパラダイスにでも行こうかと妻と話をしていたら,昨夜からチサトが39度もの熱を出しダウン。今日は朝から休日診療所に行って,その後は家でチサトとおとなしくテレビを見ていました。

さて,今日は不良系トランペッターの2人目として,ダーレン・バレット(Darren Barrett)を取り上げます。とは言っても僕はこの1999年のデビュー作『 First One Up 』しか聴いたことないんですけどね。でもこの1枚は絶対のお薦め盤です。彼はあのドナルド・バードの秘蔵っ子で,本作でもバードがプロデューサーとしてクレジットされています。ブックレットにも年老いたバードがメンバーと一緒に写っています。

ダーレンは1997年のモンク・コンペティションで優勝したほどのテクニシャンですが,とにかく勢いよくヴワーとオープンで吹き鳴らす気持ちのいいラッパ吹きです。フリューゲルホーンなんか柔なラッパなど初めから持っていません。ミュートも持ってません。ひたすらオープンでドヴァーっと迫ってきます。リー・モーガンやドナルド・バード,フレディー・ハバードらの魂を現代に受け継ぐネオバップ系の最右翼だと思っていました。当時は。でも,その後はパッとせず,2001年にやはりJ curveからドナルド・バードのプロデュースで第2作『Deelings』をリリースしますがあまり話題にならず,2004年のnagel heyerからの第3作『Attack Of Wren』ではヒップホップ~ポップ路線に針路変更してしまい,完全に真摯なジャズ・ファンからは黙殺される始末です。

1999年にはジャッキー・マクリーンや,エルビン・ジョーンズの「Jazz Machine」で来日しているようですが,その後の彼の来日はなさそうですし。本作はケニー・ギャレット,あるいはジミー・グリーンらとの2管フロントで,ピアノはアーロン・ゴールドバーグです。ケニーギャレットもなんだか凄く気持ち良さそうに豪快なソロを披露してくれてます。アーロンもOAMトリオやジョシュアのバックでの演奏より生き生きしていてスリリングです。ドラムはジョン・ラムキンという人で,僕は知らないのですが,ドタバタと手数の多い煽り系のドラマーで,ラルフ・ピーターソンを彷彿させるなかなかのテクニシャンです。

こんな素晴らしいメンバーに恵まれたこともあり,デビュー作にして比類なき完成度を持ったネオ・ハード・バップの傑作が誕生したわけです。とにかくかっこイイですよ。

Darren Barrett 『 First One Up 』1999 J Curve
Darren Barrett (tp)
Kenny Garrett (as)
Jimmy Greene (ts)
Aaron Goldberg (p)
Reuben Rogers (b)
John Lamkin (ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-857.html

2006/05/14 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


tadさん,こんばんわ。

そして,はじめまして。
ラムキンは,僕の勉強不足で初耳だったようですが,
頭にインプットしましたので,これから注意して聴いてみます。
でもゲイリー・トーマスは僕,一枚も持ってないんですよね。

これからも,暇なときには来てくださいね。
よろしくお願い致します。

クリス |  2006/05/15 (月) 21:04 [ 編集 ] No.2060


naryさん,こんばんわ。

2作目のdeelingsは中古店でも見かけたことないんですよ。こういうのを探すのって結構大変なんですよね。

ラムキンって,知りませんでしたが,単なる僕の無知であったようで,下のコメントをくれたtadさんからもご指摘いただきました。

今,まだ仕事中なんですが,家に帰ったらギャレットのCDをチェックしてみます。

キャスパー・ヴィヨームとボブ・ロックウィルの赤レンガでのライブ。非常に行きたいけど,仕事があるから当然行けません。もう少し給料安くて良いから自分の時間が欲しい~,と。贅沢でしょうかね。また焼けクソ大量CD買いに走りそうです。

クリス |  2006/05/15 (月) 21:01 [ 編集 ] No.2061


sugarさん,こんばんわ。

お~,同じKEF105/3Sをお持ちですか。
これはびっくりしました。決して売れたモデルではないと思いますが。

僕はブログでも書きましたが,リビングと寝室に1セットづつ所有しています。狭いマンション暮らしですので,どうしてもトールボーイ型になっちゃうんですよね。まあ,もっとお金を出せばいくらでも良い音は得られるのでしょうけど,これだけCD買っちゃていると,オーディオまでお金が回らないのが現状です。

自室(書斎)には最近買ったJBL4318を置いています。まだまだエージング不足ですが,KEF105では出ない,モニター音で元気いっぱい鳴ってくれてます。



クリス |  2006/05/15 (月) 20:52 [ 編集 ] No.2062


ジョン・ラムキンはすごい

はじめまして。なかなか目の付けどころがいいですね。
ジョン・ラムキンはケニー・ギャレットやゲイリー・トーマスと、よくプレイしている、かなりのツワモノです。最近は百々さんのトリオで来日してましたね。私はボストンの“ウォーリーズ”で聴きましたが、すごかった。

tad |  2006/05/15 (月) 14:30 [ 編集 ] No.2063


来日はコンコードでも来てます

1987年10月のコンコード・オールスターズのメンバーとして来日。スコット・ハミルトンらとやってます。
1988年11月にもコンコードで来てましたが、影薄でした。
で、マクリーンと199年9月、エルビンとは1999年9月と2000年1月に来てますね。
コンコードの2つは、見ているんですけど、まるで覚えがない。ただクリスさんが書かれているように、モンク・コンペの時の記事がSJに載っていた記憶が。

Sugar |  2006/05/14 (日) 19:12 [ 編集 ] No.2064


私もバレットはこれです!

もう1曲目からぶっちぎりの演奏ですよね。
ジョン・ラムキンもかなり切れてますし、ゲスト参加のケニー・ギャレットがまたいい塩梅にアウトしていてカッコいいです。
続く2作目「Deelings」も同じくラムキン参加なので、なかなかいいですよ。

nary |  2006/05/14 (日) 19:04 [ 編集 ] No.2065


第一歩

アームストロング船長曰く「これは一人の人間には小さな一歩だが、人類にとって偉大な飛躍だ。」
ということで、チサトちゃんには偉大なる一歩だったはず。うーん、見られなかったのは残念ですけど。

PS
まずは、「ごめんなさい」。
お、お、同じスピーカーとは知らなかったですぅ。オーディオのページところにトラックバックさせてくださいませ。

Sugar |  2006/05/14 (日) 19:02 [ 編集 ] No.2066

コメントを投稿する 記事: Darren Barrett 『 First One Up 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。