雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Dusko Goykovich 『 Slavic Mood 』

   ↑  2006/07/25 (火)  カテゴリー: 未分類
Dusko Goykovich  『 Slavic Mood 』

ダスコ・ゴイコビッチ(Dusko Goykovich)と言えば,僕なんかは真っ先に名曲<Old Fisherman’s Daughter>が浮かんできて,その哀愁漂う美しいメロディーは,時に無意識のうちに鼻歌となって飛び出し,僕の周囲の人々から顰蹙を買うこともしばしばあるくらいです。

僕の手元にも『 Swinging MACEDONIA 』 , 『 Ten To Two Blues 』 (『 After Hours 』),『 ‘Round Midnight 』の計3枚に<Old Fisherman’s Daughter>が収められていて,それぞれメンバーによって構成が少しずつ違うくらいで,基本的にゴイコビッチの歌い回しは同じなんですが,いい曲は何度でも聴きたくなるもので,先日,復刻された彼の1975年のアルバム『 Slavic Mood 』 (VISTA)にも<Old Fisherman’s Daughter>が入っていると知って,早速購入してみました。

で,これが予想以上の素晴らしい出来の良さで,個人的には名盤の誉れも高い『 Swinging MACEDONIA 』や人気盤『 Ten To Two Blues 』なんかよりずーっと好きになってしまいました。好きになったらとことん聴き倒すのが僕の主義で,仕事の行き帰りの車の中から,手術中もBGMでかけっぱなしでいたところ,看護士が「これはインド音楽なの?」と人の気持ちを逆撫でするような発言まで飛び出しました。でも東欧のエキゾチックな哀感って,確かにインド音楽にも通じる所があるのかもしれません。ライナー・ノーツにも書いてあるように,アルバム全体の雰囲気は本作の8年前に吹き込まれた『 Swinging MACEDONIA 』に相通じるものがありますが,よりノリの良くて分かり易いテーマを持ったオリジナル曲で構成されていて,1曲として弛みがなく,最後まで一気に聴き通せる内容です。全く肌触りは異なりますが,Blue Note 4000番台のリー・モーガンがよく取り上げる8ビートの中近東ハード・バップ?っぽい感じもあります。

彼の傑作,ワルツ・バラード<Old Fisherman’s Daughter>は,ここではミュートでまずゴイコビッチが優しく滑り出すと,サビでテナーのベン・トンプソンがそのまま引継ぎ(ここの吹き分けに痺れます),またゴイコビッチへ。余談ですが,『 Swinging MACEDONIA 』での<Old Fisherman’s Daughter>って,ゴイコビッチのテーマの後ろで,ネイザン・デイヴィスのフルートが鳴りっぱなしですよね。あれ,とっても煩いんですよね。名曲がちょっと台無しかなと思っていたところに本作のバージョンを聴いて目から鱗ですわ。これがベスト・バージョン,と勝手に決め付けています。

いずれにしてもジャケットのダサさに比べて,内容は非常に良いです。ピアノのヴィンス・ベネディッティのセンスの良さにもビックリ。今度彼のJHM盤買おうっと。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-86.html

2006/07/25 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Dusko Goykovich 『 Slavic Mood 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。