雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Brad Mehldau 『 House on Hill 』

   ↑  2006/07/02 (日)  カテゴリー: 未分類

ブラッド・メルドー(Brad Mehldau)の新譜が発売になりました。とは言っても録音は2002年ですが。実は2002年10月8日,9日の2日間に渡って行われたセッションで録音された18曲の内,メルドーのオリジナル7曲+2005年の新録音曲2曲をアルバム化したものが,本作『House on Hill』というわけです。そのセッションで録音されたスタンダード集の方は2004年に『Anything Goes』として一足先にリリースされています。要は本作は2002年録音の未発表集なんですね。2005年に録音された2曲,<August Ending>と<Boomer>は,メルドーらがライブで最近好んで演奏していた曲らしく,多くのファンから録音を切望されていたらしいです。メンバーはラリー・グレナディア(b)とホルヘ・ロッシ(ds)であり,その後にドラムがジェフバラに交代していますから,本作は旧メンバーでの最後の録音となるのでしょう。

1,2回聴いただけではその良さを体感できないのが最近のメルドーの作品の特徴で,今回も最初は何だかピンときませんでした。むしろ暗い雰囲気の思索的作品で今回は駄目かなと不安になったのですが,やはりそこは流石,メルドーだけあって,聴くごとにメルドー・ワールドに引きずり込まれていってしまいます。

とは言うものの,元々昔から僕はメルドーの難解なオリジナルよりスタンダードのカヴァーの方が好きで,自分でメルドーのスタンダード集のCD-Rを作ってよく車の中で聴いているのですが,そんな個人的な趣味の問題もあり,今回の作品はちょっと今までよりは個人的にはポイント低めです。

3日前に買ってきて,もう5,6回聴いていますが,はっきり頭に残るテーマ・ステートメントはM-1<August Ending>とM-4<Boomer>ぐらいで,他の楽曲は印象に残っていないんですね。そう簡単に理解できるジャズとも思っていませんが,同セッションのスタンダード集である『Anything Goes』に比べて,取っ付きにくいのは確かです。

技術的には非常に難易度の高い演奏で,よく言われる左右の手が別個に珠玉の美フレーズを奏でたり,それがいつの間にか交差し,絡み合い,フワーと消滅していく,なんとも言えない心地よさは健在で,ロッシ,グレナディアとの完全一体型の強固なインタープレイも驚異的であります。本作のライナーノーツは例の如くメルドー自身が22ページに渡り書き下ろしているのですが,そこではいかにロッシ,グレナディアが自分の作曲,インプロビゼーションに重要な役割を担っているかが語られています。

よくメルドーはライナーノーツで自身の作曲論,芸術論,哲学などの話に言及していますが,今回もバッハ,ブラームス,モンクなどを題材に,難解な作曲方法論を論じてます。僕の英語力では十分な理解が得られなかったのが残念ですが。

そんなこんなと,『House on Hill』を聴きながら徒然に書き綴っているうちに,最後まで聴き終えてしまいました。何となく,終わってしまった感じです。やっぱり昔のメルドーの方が好きかな。今からFSNTの『When I Fall In Love』でも聴いてみよう。

【愛聴度 ★★★】

[当ブログ内関連記事]
『Anything Goes』, 『Day Is Done』
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-870.html

2006/07/02 | Comment (15) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


詳細は

unkown ですね。
少し検索してみましたがわかりませんでした。
トリオものならベストなんですけどね~。

全然関係ありませんが、先日、たまたま
たどり着いたブログ、tempo's blog に
Martyさんがコメント入れていたので、
びっくりしました。
このブログ、面白いですね、個性的で。
アナログにこだわる姿勢は、感心すると同時に、
非常にうらやましかったです。
我が家ではこれ以上、一枚たりとも
アナログ盤は収納できるスペースがないもので。

criss to Marty |  2008/02/11 (月) 00:48 [ 編集 ] No.2116


新作

クリスさん、こんにちは。

新作が出るようです。
一枚ものにしては、値段が高いですね。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?site=mailmagart&sku=2689987" target=_blank>http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?site=mailmagart&sku=2689987

Marty |  2008/02/09 (土) 10:21 [ 編集 ] No.2117


martyさん,こんにちは。

いつもいつも,新作情報ありがとうございます。
それにしても情報早いですね。

早いと言えば,メルドーのリリースのスピードも加速してませんか。「売れるものは売れるうちに量産する」というレコード会社の気持ちも分からないでもありませんが,こっちは幾ら好きでもメルドーだけ聴いているわけじゃないんだから,もう少しスピード緩めて欲しいですね。買わなきゃいいんだけど,それができないのが悲しい性です。

クリス |  2006/07/23 (日) 14:44 [ 編集 ] No.2118


新作

クリスさん、こんばんは。
「House on Hill」が出たばかりですが、早くも新作発表です。今度はPat Metheny + Brad Mehldau Trioというもので、録音曲数が多く、先ず9月にVol.1が出るそうで、その後に何作か続くようです。

おっかけも大変です。

Marty |  2006/07/21 (金) 22:31 [ 編集 ] No.2119


モローニ

>DADO MORONIとの競演Liveだそうで、titleは「LIVE CONVERSATION」です。スタンダードばかりだそうです。

モローニとのピアノ・デュオですかね?
エンリコとbert van den brinkのデュオを持ってますが,二人とも音出しすぎで,あまり好きじゃなかったので,どうしてもピアノ・デュオは敬遠しちゃいますね。今回はパスかな。

>「Untold Story」は良いですね。「Ballads」は未だ買ってませんが、どうでしょうか?

「Untold Story」は,最初のうちはピンとこなかったけど,だんだん良くなってきましたよ。好きな曲だけCD-Rに焼こうかと思ってます。「Ballads」はちょっと印象薄いです。でもまだあまり聴いてませんので,評価をするには至ってません。どうもcam jazzは相性悪くて,イイ作品に出会えません。

クリス |  2006/07/19 (水) 23:59 [ 編集 ] No.2120


Re:エンリコ

クリスさん、おはようございます。

>ほんと,エンリコも多作ですね~。
>ふ~,ジャズって,お金がかかりますね。
またまた出るようです。
今度は、DADO MORONIとの競演Liveだそうで、titleは「LIVE CONVERSATION」です。スタンダードばかりだそうです。
ホントにお金かかりますね。

「Untold Story」は良いですね。「Ballads」は未だ買ってませんが、どうでしょうか?

Marty |  2006/07/18 (火) 07:50 [ 編集 ] No.2121


エンリコ

martyさん,こんばんわ。

ほんと,エンリコも多作ですね~。
一応,エンリコは熱心ではないながらも追っかけてますので,このバラード集も買わざるを得ないでしょう。

ふ~,ジャズって,お金がかかりますね。

「untold story」は期待大です。明日,DUに行ければいいのですが,仕事があるので週明けになっちゃうかな。

クリス |  2006/07/08 (土) 23:15 [ 編集 ] No.2122


ジャケ

確かに、ジャケはイマイチですね。
pieranunzi series HISTORIC COLLECTION と記載されているので、他の廃盤も出るのかな?
これとは別に、「BALLADS」というのが出てて、お店の人によると、こちらの方が沢山入荷していて、良く売れているとのこと。
http://blog1.musicfield.jp/du_do12/" target=_blank>http://blog1.musicfield.jp/du_do12/
上記の7/6に記載されています。不思議なのは、こちら(関西)とは値段設定が全く逆ですね。(笑)

Marty |  2006/07/07 (金) 22:39 [ 編集 ] No.2123


エンリコ

え~~~。
エンリコの「untold story」が再発になったんですか。知りませんでした。もうDUの店頭には並んでいるのかな?

日曜日にでも早速,買ってきます。
それにしても,次々と「幻の~」が再発になり,
嬉しい限りです。高いお金を払ってIDA盤を手に入れた人は,今泣いているのでしょうね。

出来ればジャケ変えないで欲しかったな。
この新しいジャケは駄目ですね。

そうそう,今,エンリコの「live at the berlin jazz days \'84」(yvp)を聴いていた所です。偶然ですね。

クリス |  2006/07/07 (金) 22:16 [ 編集 ] No.2124


購入しました

クリスさん、こんばんは。
遅ればせながら、「House on Hill」を購入しました。同時にEnricoの「Untold Story」も・・・。これから聴き込みます。Enricoは、ジャケが変更になっていますね。
では、また。

Marty |  2006/07/07 (金) 21:00 [ 編集 ] No.2125


2006. 9/16(土) 東京オペラシティにてプレミアム・コンサート開催!

管理人様

突然の書込みで失礼いたします。内容がそぐわないようでしたら、削除してください。

2006. 9/16(土) 東京オペラシティ コンサートホール(新宿:初台)で、ブラッド・メルドー・トリオの公演が開催されます。関東エリアで唯一、しかも世界トップクラスの音響特質を誇るクラシック・ホールでお贈りするプレミアム・コンサート!!

ブラッド・メルドー(p)、ラリー・グレナディア(b)、ジェフ・バラード(ds)という最強メンバーで来日。キャリア通算14作目となる来日記念盤「ハウス・オン・ヒル」(7/12 ノンサッチ・レコードより発売)をひっさげての公演となり、本作の楽曲も披露する予定です。

チケットのご予約は、ハーモニージャパンTEL.03-3409-3345、WEBサイトhttp://www.harmonyjapan.com/" target=_blank>http://www.harmonyjapan.com/、チケットぴあ0570-02-9999、東京オペラシティチケットセンターTEL.03-5353-9999、e+、CNプレイガイド、ローソンチケットで承っております。

ハーモニージャパン |  2006/07/06 (木) 12:39 [ 編集 ] No.2126


martyさん,こんばんわ。

>Renee Flemingとの共作(凶作?)は、やはり駄目ですか?

僕はクラシックの歌手が駄目なんですよ。虫酸が走る感じです。オペラなんかも絶対受け付けません。

メルドー・ファンだから処分はしませんが,2度とトレーに乗せることはないような気がします。

どんな感じと聞かれても,答えようないのですが,強いて言えば「嫌な感じ」かな。答えになってなくてすみません。

クリス |  2006/07/04 (火) 20:57 [ 編集 ] No.2127


Renee Fleming

クリスさん、こんばんは。
Renee Flemingとの共作(凶作?)は、やはり駄目ですか?
試聴できないので、どんな感じなのか想像がつきませんが・・・。

Marty |  2006/07/03 (月) 23:58 [ 編集 ] No.2128


しまった!

まだ本作が2002年の録音盤だったっていうのは許せるんですが,僕は知らずにもう一枚のソプラノ歌手とのデュエットを買ってしまいましたよ。

完全に失敗です。てっきりジャズ・ヴォーカル物と勘違いしました。ちゃんと店頭でポップを読めばよかったのですが。早とちりですね。

最初の2曲を聴くのが精一杯で,既に棚の中です。

クリス |  2006/07/02 (日) 21:21 [ 編集 ] No.2129


これ過去録音だったんですよね

私は注文後にその事実を知ったのでいささかがっかり。
HMVのコメントには「2005年10月海外リリースの『day Is Done』から数ヶ月でリリースされたメルドー・トリオの充実振りを証明する14枚目の作品。2006年9月、来日予定。Brad Mehldau (p) Larry Grenadier (b) Jeff Ballard (ds)」なんてありますからね。
誰だってホヤホヤの新禄だと勘違いしますよ。
でもメルドーは一応オッカケ状態になっているので持ってても損はないかなって感じです。

まだ未入荷なのですがそのうちトラバさせていただきます。

nary |  2006/07/02 (日) 11:31 [ 編集 ] No.2130

コメントを投稿する 記事: Brad Mehldau 『 House on Hill 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。