雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Pierre-stephane Michel 『 Rayon Vert 』

   ↑  2006/07/02 (日)  カテゴリー: 未分類

アトリエ・サワノから既に2枚のリーダー作を発表しているフランス人ベーシスト,ピエール・ステファン・ミッシェル(Pierre-stephane Michel)の第3作が,今回はSKETCHから発売になりました。ピアニストは今回,ジャン・ピエール・コモ(Jean-pierre Como)に交代していますが,もちろんコモ狙いで買ったアルバムです。そしてほとんどコモ・トリオとして聴いて違和感のないアルバムと言ってよいでしょう。

コモのリーダー作は
4枚所有していますが,今回の作品はそれらのどれとも似ていない,思わず新境地かと勘繰ってしまうほど変化していました。僕がコモに抱く印象は,naïveからの2001年作『storia…』や2004年の『scenario』などに見られる,フランス・ポップスやエスプリ・ジャズを基調として,セピア・フィルム調のノスタルジックな色彩を放つ,それでいて目にも留まらぬ速さで鍵盤を昇降する超絶技巧のミュージシャンというものでした。しかし,今回はそんな懐古的,憧憬的なイメージではなく,欧州正統派のリリシズムを前面に押し出したような洗練された流麗さを感じる仕上がりになっているんです。

出来は正直なところイイです。買って損はないと思いますが,あまり<コモ度>は高くないアルバムです。ちょっと乱暴に言ってしまえばジョバンニ・ミラバッシに近いかもしれません。

【愛聴度 ★★★】


[当ブログ内関連記事]
storia…

          
Jean-pierre Como 『 Padre 』1989 pygmalion
コモの1枚を選ぶなら本作。超絶技巧人には同等のテクニシャンを,ということで,ベースに世界一指が速く動くドミニク・ディ・ピアッツァ(Dominique Di Piazza),ドラムにチェカレリに匹敵する馬鹿テクの持ち主ステファン・ウシャール(Stephane Huchard)という最強の布陣で臨んだ傑作。コモの凄さを知るにはこれしかありません。M-5<Someday My Prince Will Come>はメチャクチャカッコイーです。
【愛聴度 ★★★★】
          
Jean-pierre Como 『 Empreinte 』2003 EMI France
コモはアコースッティク・ジャズを演奏する一方で,SIXUNというフュージョン・バンドを結成しているのですが,本作はコモ名義のフュージョン・アルバムです。ウェザー・リポートやイエロー・ジャケット,あるいはマイク・スターンぽい曲もあったり,ジェラルド・アルブライトあたりのスムース・ジャズ似だったりと,多彩なアルバムです。ジャコの<Three Views of a Secret>や<Liberty City>なんかも演奏しています。
【愛聴度 ★★★】

その他には1994年,pygmalionから Express Paris-Roma というアルバムが出ていますが,残念ながら持っていません。これにはステファノ・ディ・バティスタやクリストフ・ウォーレム,ステファン・ウシャールらが参加しているんですよ。そうそう,バティスタはコモの誘いでフランスに渡ったんですよね。コモの両親はイタリア人。ということで『 Express Paris-Roma 』なわけですね。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-873.html

2006/07/02 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Stephane Huchard 『 Bouchabouches 』
この前の記事 : Brad Mehldau 『 House on Hill 』

Comment


padre

martyさん,こんばんわ。
padre って,もう国内盤入手できないんですかね?
以前はいくらでも店頭に並んでいましたけどね。

でも,なんか,気に入って頂ければよいのですが,
勧めた僕としては,ちょっと責任感じちゃいます。

まあ,愛聴盤などは,砂金探しと同じですから,
沢山の駄作を経験しないと得られないものですからね。

と言って責任回避しています(笑)。

Ethan Iversonの「deconstruction zone」はどうかな?
それほど取りたてて良いという程の作品ではなかったように
思いますがね。

今日当直です。急患診ながら書いています。
では,仕事にもどりま~す。

criss to marty |  2007/04/23 (月) 21:04 [ 編集 ] No.2132


入手しました!!

クリスさん、こんにちは。
クリスさんお勧めの「Padre」ですが、日本に70枚だけ入ってくると情報を聞きつけ、なじみの店に予約をいれておきました。しかしながら、JAZZ専門のその店ですら2枚しか入らなかったようです。何とか私の分は確保して戴いたので、本日やっとそれを受け取りに行きました。これからじっくりと聴きます!!
もう1枚は、Ethan Iversonの「deconstruction zone」で、これもクリスさんの記事からの購入です。

Johan Clememt Trioも予約してきました^^;

では、また。

Marty |  2007/04/21 (土) 17:50 [ 編集 ] No.2133


やっと、手に入れました。

しかも、何となく、、なんですが、、
私は、コモは初めてだったので、いつもと違う、って
おもわず、、つうか、、わからず、、
素敵♪ってきいちゃいました。

とらばしました。

すずっく |  2006/11/13 (月) 12:18 [ 編集 ] No.2134


お~,

Ivan paduartも新譜出ますか。楽しみですね~。でもガッツプロのHP見ても出ていないけど,そうしてmartyさんはいつも情報早いのでしょ?

コモの新作にPaolo Fresu ,Sylvain Beuf というのも新鮮で凄いバップが聴こえてきそうですね。これも凄く楽しみです。

criss to marty |  2006/09/17 (日) 21:50 [ 編集 ] No.2135


新作メンバー

クリスさん、こんばんは。
新作の曲は
1. Arabesque (Como/Bertrand)
2. Noces de Papillon (Como/Bertrand)
3. Riccordo (J.P. Como, arrangement P. Bertrand)L’Ame Soeur (Como/Bertrand)
4. Dialogue
5. Espoir
6. L’Adieu

の6曲。メンバーは
Jean-Pierre Como (Piano), Pierre Bertrand (direction), Paolo Fresu (Trumpet & bugle), Sylvain Beuf (Tenor Sax & soprano), Christophe Giovaninetti (Violon solo), Dario Deidda (Electric ad double Bass) , Minino Garay (Percussions)
だそうです。

ところで、IVAN PADUARTも10月末に新作を発表のようです。タイトルは「MY FRENCH HEART」だそうです。
ガッツPROからのようです。

ではでは。

Marty |  2006/09/15 (金) 23:39 [ 編集 ] No.2136


ご無沙汰してます。

いつも情報早いですね。
nocturnのHP見ましたけど,フランス語で全く意味不明です(TOT)。

メンバーすら分かりません。
他に英語の情報もありそうだけど検索できません。
もう少し,検索の技を勉強しなくては。

ちょっと,バイオリンっていうのがマイナスポイントかな。

また,何かわかったら教えてくださいね。
では,また。

criss to marty |  2006/09/15 (金) 20:46 [ 編集 ] No.2137


新作発表

クリスさん、こんばんは。
JEAN-PIERRE COMO が新作を発表しますね。
新作タイトルは「L’AME SOEUR」です。
tenorもViolon もありだそうで・・・。

Marty |  2006/09/14 (木) 23:08 [ 編集 ] No.2138


安心して買えました

クリスさん、こんにちわ。monakaです。
このアルバムは買おうと思っていましたが、クリスさんの記事を読んで安心して買えました。感想かきました。TBさせて頂きます。“PADRE\"聴いた事ありません。記事拝見して聴きたくなりました。

monaka |  2006/07/09 (日) 12:37 [ 編集 ] No.2139


ありがとうございます。

トラバありがとうございます。

>4つ星の『 Padre 』は1989年の作品だったのですね。
意外と古くてビックリです。

そうなんですよね。自分で記事書いてて驚きました。
国内盤が再発されたのが結構最近なので,そう感じるのかも
しれません。

昨日,One For Allの新譜を買ってきて,今日は車の中で
聴いてました。なかなかです。
それから,リューベン・ロジャーズの新譜も買ったのですが,
これははずれのようです。

今日も仕事が遅くまでかかり,更新できません。
では,また。

クリス |  2006/07/04 (火) 20:52 [ 編集 ] No.2140


こんばんは

さすがにコモお詳しいですね。
4つ星の『 Padre 』は1989年の作品だったのですね。
意外と古くてビックリです。

こちらからもTBさせていただきます。

nary |  2006/07/02 (日) 22:13 [ 編集 ] No.2141

コメントを投稿する 記事: Pierre-stephane Michel 『 Rayon Vert 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Stephane Huchard 『 Bouchabouches 』
この前の記事 : Brad Mehldau 『 House on Hill 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。