雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Mads Vinding trio 『 The Kingdom 』

   ↑  2006/07/23 (日)  カテゴリー: bass
Mads Vinding trio  『 The Kingdom 』
やっぱり僕にとってピエラヌンツィと言えばこのマッズ・ヴィンディングの『 The Kingdom 』(1997 STUNT)が真っ先に思い出されます。

数あるピエラヌンツィのオリジナル曲の中でも比類なき美しさを放つM-1<Alba Prima>。

やはりピエラヌンツィのオリジナル曲M-3<The Kingdom>ではヴィンディングがまるでペデルセンのような牧歌的,民謡的な暖かいフレーズを刻むバラード。

3者のフリー・フォームからいきなりイン・テンポで始まるスリリングな高速M-4<someday my prince will come>。

M-5<my foolish heart>はイントロだけでイってしまいそうです。ヴィンディングのソロも名演です。これの人がデューク・ジョーダンの『 Flight to Denmark 』で弾いていた人とは信じられません。

M-7<new lands>は1990年のTimeless盤のタイトル曲の再演。M-9<September waltz>はIDAの『 Untold Story 』やALFAの『 Chant of Time 』でも聴かれる彼の代表的名曲。こんな旋律は彼にしか作れません。強烈に個性を放っっている美麗歌です。

最後は<I remember clifford>をヴィンディングが物悲しくメロディーを弾き静かに幕を引きます。
関連記事

FC2スレッドテーマ : JAZZ (ジャンル : 音楽

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-88.html

2006/07/23 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Mads Vinding trio 『 The Kingdom 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。