雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Ivan Paduart 『 illusions sensorielles 』

   ↑  2006/08/06 (日)  カテゴリー: 未分類

今日も東京は暑かった。お昼ごろは35度もあって倒れそうだったけど,こんな日はビールがとっても美味しいからまんざら嫌いでもないんでよね。妻と子供が今日から1週間,七夕祭りを観る為にに福島の親戚の家に出かけてしまったので,いくらビールを飲んでも誰からも咎められません。うれし~。患者さんから頂くビール券がこんなに有難いものだと実感するのもこの季節です。いくら飲んでもビール券が減らないの。これはホント嬉しい限りです。ということで,ビール片手にベランダ・チェアにもたれながら,清涼ジャズでも聴くことにしましょう。

ジャケットからして涼しそうでしょ。Ivan Paduart(イヴァン・パドゥア)の作品群の中では初期の1993年の録音で,アコーディオンの巨匠,Richard Galliano(リシャール・ガリアーノ)が数曲に参加しているアルバムです。パドゥアと言えば真っ黒いジャケが重々しい2001年の『 Trio Live 』が有名ですが,90年代前半の作品群もなかなか美しいです。パドゥアはベルギー人ですよね。ベルギーって畜産や農業のイメージが強かったけど,曲から受ける印象はフランスの避暑地を連想してしまうな~。プロヴァンス,ニース,コート・ダ・ジュール,サン・マロ......。ふ~,溜息。

いや~,この清涼感,透明感,たまりません。ビールが旨い。一瞬,東京に居ることを忘れさせてくれるリゾート・ジャズ。全曲パドゥアの作曲だけど,どれもこの上なく美しい。

     
『 folies douces 』は1995年の作品で, 『 illusions sensorielles 』と同メンバーで作られた続編です。出来は2作品とも同格ですね。M-1<horlogerie>がイイです。

     
これは2004年の作品で,上記の2作品の楽曲にストリングスを加えてリメイクしたアルバムです。新曲もありますが。当然,リシャール・ガリアーノも参加しています。出来は悪くないのですが,ストリングス入りなので好みが分かれるところですね。僕は嫌いじゃないけど,あまり手が伸びません。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-895.html

2006/08/06 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Ivan Paduart 『 illusions sensorielles 』
この前の記事 : Robert Glasper 『 Mood 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Ivan Paduart 『 illusions sensorielles 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Ivan Paduart 『 illusions sensorielles 』
この前の記事 : Robert Glasper 『 Mood 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。