雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Ignasi Terraza 『 In A Sentimental Groove 』

   ↑  2006/08/10 (木)  カテゴリー: 未分類

昨年7月に始めた小生のブログも早1年が過ぎ,気がついてみたら<jazz>のカテゴリーが296エントリーに達していました。よくまあこんなに1年で書いたものだと,自分で感心しています。途中で父親が癌に罹って精神的に余裕がなかった時以外は,ほぼコンスタントにアップできていたように思います。昨日から, 『ブログを続ける力』 (GEODESIC編著)という本を読んでいるのですが,その中に「ブログが続かない理由」として,次の7項目を挙げているのですね。

1) ブログのために時間を割くことができない
2) 精神的にも考える余裕がなくなる
3) 一通り経験したから飽きてきた
4) 思っていたよりも難しい
5) エントリーを書くことがみつからない
6) コメントをもらえない
7) 葛藤が多く億劫になる

1)と2)に関しては僕自身も経験があるのでよくわかります。今年の4月から忙しい病院に転勤になり,いつも帰宅するのが10時を回るような生活になったため,どうしてもネタがあっても書く時間がないというのは,最近頻繁に経験しています。3)4)5)は今の所ないですね。エントリーする記事,ネタに困ることはありませんから。というより思いつきで書いているので,全く脈連のない支離滅裂な話を適当にアップしているので,記事に困ることはありません。むしろ読み手の方々が困っていらっしゃるのではないかと危惧しております。6)のコメントに関しては,確かにもらえない時は寂しい感じはしますが,基本的に小生のブログは備忘録が目的であるので,コメントが全くなくても,それが理由でブログを閉鎖することは今後もないと思っています。

でもやっぱりコメントが全然ないのにブログを運営していくのは苦しい作業だと思います。僕は頻繁に新設のジャズ関連のブログを検索し,ブックマークなりRSS登録をして訪問しているのですが,個人のジャズブログがかなりの数,新設されているにもかかわらず,その多くが開設後まもなくして閉鎖,あるいは放置されてしまっていることに驚いています。

それら短期間の内に閉鎖,放置されているブログにほぼ共通している事は<コメントが皆無>であるという事です。中には100近いジャズのエントリーがあるにもかかわらず,一件もコメントがないブログもあります。この人は今日現在もブログを運営されていますが,かなりの忍耐,葛藤があるに違いないと想像します。やっぱり,ブログ継続には共通の話題で盛り上がれる仲間の存在が一番大切であると実感しております。これからもスロー・ブロガーながら長く続けていく所存ですので,どうかよろしくm(._.)m 。

さて,今日聴いているのはスペインはバルセロナのピアニスト,Ignasi Terraza(イグナシ・テラザ)の新譜,『 In A Sentimental Groove 』です。今年の春に店頭に並んでいたものですが,どうも今回は自主制作盤のようです。

僕の手元には本盤意外にピアノ・トリオが2枚(『 It’s Coming』, 『 Let Me Tell You Something 』)と,トニー・ゾラー(ts)を加えたカルテット編成の『 Night Sound 』があります。トニー・ゾラーって,ビブラートを多用して,コールマン・ホーキンスやちょっとテキサステナーっぽいところもあって,僕はあまり好きではないのですが,他の2枚のピアノトリオはどちらも素晴らしい出来だと思います。ピアノトリオ・ファンならいまさら言われなくてもご存知だと思いますが。

彼のピアノは,カタロニアのトラディショナル・ナンバーを演奏する時は哀愁と詩情性豊かな美しいメロディーを奏で,一方で,スタンダード・ナンバーでは,躍動感のあるスウィング・ビートでピーターソン・ライクな滑脱さを演出するといった2面性があるように思われます。タッチも自信に満ち溢れていて清清しく,オンマイク気味の押し出しの強い好録音も手伝って,素晴らしいアルバムに仕上がっています。Swing Journal の「輸入盤ワールド」で山本隆氏が推薦していたこともあります。

今日は,ジャケットのパステル調の穏やかな雰囲気が今の季節にとってもマッチしていたので,久しぶりにて聴いてみました。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-901.html

2006/08/10 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Christian Jacob 『 Contradictions 』
この前の記事 : Eden Atwood 『 Waves 』

Comment


メールありがとうございます。

「ジャズ批評No133連動企画」知らないアルバムが圧倒的に多いので試聴しながら購入アルバムを吟味しています。

「ジャズ批評No133連動企画」とは違いますが,doug Rocheの「simple measures」がかなり気に入ってます。曲がイイ曲なかり。<you taughtmy heart to sing>って,マクリーンとマッコイが演奏してますよね。あれ大好きで,このバージョンもかなりイイです。

来週にはオーダーさせていただきますね。

でも「simple measures」って3300円なのね。

criss to VENTO AZUL |  2006/08/16 (水) 22:49 [ 編集 ] No.2214


SWINGFONIC

一度きれると中々入荷しません。
見つけたときが買いの一枚です!
それはそうと、明日(すでに今日か?)
少し早めの情報をメールいたしますね。

VENTO AZUL |  2006/08/14 (月) 04:16 [ 編集 ] No.2215


はじめまして

RSS登録していただいているなんて光栄です。

こちらからもトラバさせていただきます。

今回,georgeサンのブログを拝見させていただきましたが,とっても趣味が良くて感心いたしました。僕と趣味がダブルところも数多く,これからちょくちょく訪問させていただきますので,どうかよろしく。

今回訪問してハッとしたのですが,今までにも知らないうちに貴ブログが検索にヒットしたりして,訪問していたようです。ジャケットの横に野菜や穀物の写真が並んでいるのがとっても印象に残っていました。

では,今後ともよろしくお願いします。

criss to george |  2006/08/12 (土) 23:06 [ 編集 ] No.2216


ジャズ批評133号

133号って,VENTO AZULさんも執筆している「ジャズ批評ピアノトリオ最前線vol3」ですか?

もうすぐ発売ですね。とっても楽しみにしています。

テラザのswingfonic盤がVENTO AZULさんの所で入荷することがありましたら,ぜひ購入させていただきますので,その際はよろしく。

それから,来週あたり,また注文させていただく予定ですので,またお世話になりますね。

では,また。

criss to VENTO AZUL |  2006/08/12 (土) 22:58 [ 編集 ] No.2217


はじめまして

はじめまして、初コメントです。
以前からRSS登録して拝見させていただいていました。
Ignasi Terrazaは、最近のお気に入りでよくトレイにのります。
この盤も取り上げていますのでTBさせていただきます。

george |  2006/08/11 (金) 12:43 [ 編集 ] No.2218


Terraza

テラザは、Swingfonicの2枚は、未だに人気が強くて、常に供給不足の感がありますね。
見つけたら即手に入れるのが、懸命だと思います。
新作は京都レコードさんのプロデュースで、自主制作です。
これも、再プレスがされなければ、そのうち幻になるかも・・・
今度のジャズ批評133号にも掲載されますよ。

VENTO AZUL |  2006/08/11 (金) 03:54 [ 編集 ] No.2219


こちらこそ,どおうぞよろしく。

Sugarさん,こんばんわ。

最近,オーディーオ熱が上がってますね。
僕はオーディオには興味があるものの,お金が無くて,グレードアップできずにいます。

先日のZuジャンパー。僕も同じKEF105/3sだから,とっても気になります。Audio Unionに行きたいのですが,お茶の水のあの通り,駐車禁止厳しいんですよね。いつも億劫になり素通りしてしまいます。

でも,Zuジャンパーに替えても,僕の耳にその差異が聞き取れるか不安です。

Criss to Sugar |  2006/08/10 (木) 23:37 [ 編集 ] No.2220


Martyさん,こんばんわ。

martyさんは,テラザなんか好きそうですね。

僕は「jazz a les fosques」を持ってないんで,ぜひ欲しいんですけど,見つかりませんね。

クリス to Marty |  2006/08/10 (木) 23:31 [ 編集 ] No.2221


こんばんは

クリスさん。こんばんは。
私もIgnasi Terrazaは「It\'s Coming」とこの盤の2枚を持っています。あと2枚位ほしいのですが、なかなか巡り合えずにいます。来々週は東京に行くので、UNIONで中古を探します^^;

Marty |  2006/08/10 (木) 23:02 [ 編集 ] No.2222


こちらこそ、よろしくお願いします

> スロー・ブロガーながら長く続けていく所存ですので,どうかよろしくm(._.)m 
こちらこそ、よろしくです。
いつも楽しみにしております。
このところデザイン変更があって、訪問すると間違えたかと思いました。へへ。
しっかり、音盤購入の縁とさせていただいておりますので、これからもよろしくお願いします。

Sugar |  2006/08/10 (木) 22:59 [ 編集 ] No.2223

コメントを投稿する 記事: Ignasi Terraza 『 In A Sentimental Groove 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Christian Jacob 『 Contradictions 』
この前の記事 : Eden Atwood 『 Waves 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。