雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Trio Toykeat 『 Jazzlantis 』

   ↑  2006/08/13 (日)  カテゴリー: 未分類

今日は涼しげなジャケットで選盤してみました。海水魚を配したジャケット・デザインは,フィンランドのユニット,Trio Toykeat(トリオ・トイキ,or トリオ・トウケアット?)の1995年のセカンド,『 Jazzlantis 』(sonnet)です。ジャズ批評no.113『続ピアノ・トリオ最前線』巻頭カラーグラビアにも掲載されていた彼らのヒット・アルバムです。日本では知る人ぞ知るマイナーなグループですが,聴けばびっくり仰天。物凄い超絶技巧のグループなんですよ。ピアノのIiro Rantara(イーロ・ランタラ)は見た目はゆうに130kgはあるであろう巨漢で強面。なんだか映画 『薔薇の名前』に出てくる奇妙な修道院のような風貌ですが,その太い指から繰り出されるストロークの長いコード,遊び心豊かな旋律,そして鍵盤を縦横無尽に昇降する早弾きには驚き桃の木山椒の木。開いた口が塞がりません。

イーロ・ランタラはフィンランドの名門音楽学校,シベリウス・アカデミーを卒業した由緒正しいピアニストです。90年から93年まで渡米し,マンハッタン音楽院に留学しますが,アメリカのジャズに失望し帰国。以後,ヘルシンキを中心に音楽活動を行っています。彼らのジャズは今まで聴いたことの無いほどインパクトがあり,なかなか言葉に表現できないのですが,誤解を恐れず言ってしまうと,Micheal Camilo(ミッシェル・カミロ)とJacques Loussier(ジャック・ルーシエ)を混和し,そこにRick Wakeman(リック・ウェイクマン)のスパイスを振りかけたようなサウンドですかね。

何だかよく分からんでしょ。HMVのこちらで他のアルバムではありますが試聴できますので聴いてみてはいかがでしょう。ドナ・リーなんか凄いですよ。

ジャズ・フュージョンやプログレの要素も強く,本気でフュージョン・アルバムを制作しても,かなりイイ線行くと思われる技術を持ち合わせています。今までにsonet~emarvy~blue noteと,計6枚のアルバムを制作しています。全部は聴いていませんが,本作が一番遊び心があって気に入っています。

エヴァンス系,キース系,あるいはピーターソン系など,どれを聴いても上手いけど型に嵌まったピアノ・トリオばかりと少々食傷ぎみの方。こんなピアノもたまにはイイもんですよ。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-903.html

2006/08/13 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Joe Sample 『 Rainbow Seeker 』
この前の記事 : Christian Jacob 『 Contradictions 』

Comment


「ふぉーえばー・ゆー」

ご無沙汰してます。夏休みから帰ってきたら,外科病棟が緊急手術でてんてこ舞いになっていて。今日まで超多忙な日々でした。今日も午前中は仕事だったんですよ。

で,「ふぉーえばー・ゆー」ですが,大変気に入りました。まずは感謝多々。

北軽井沢のテレビも電話もない部屋で,明け方,空が明るくなり出す頃,鳥のさえずりだけが聴こえてきて,そんなまどろみの中で,これ,聴かせてもらいました。PCのスピーカーからですけどね。


ひんやりした高地の空気にワケニウスのギターの音色が拡散していき,とっても清々しい朝を演出してくれましたよ。良かったな~。

でも,帰りの車の中で聴いていたら,たまたま長距離運転に疲れて睡魔が襲ってきたその瞬間,妻が,
「こんな眠くなるような曲聴いているからよ,あむないな~」
と言って,CDチェンジャーをワケニウスからマイ・リトル・ラバー?に変えちゃうし。ホント,音楽の分からない妻です。

ということで,愛聴盤登録させていただきます。

criss to suzuck |  2006/08/27 (日) 21:16 [ 編集 ] No.2246


おかえりなさい。。

かな?
夏休みは、いかがでしたか?
九月に私も用事があって、、軽井沢にいきます。(従兄弟の結婚披露宴?)

両方、、買っちゃいましたか。クリスさん、ストレスたまってそうだから、かっちゃってもいいかもね。

><true>。え~ですね~。ギターの最も美しい弾き方って,こういうのを言うんですね。
これ、私はソロのこれが入ってるアルバム持ってないのです。
このアルバムかけて、すぐにこれ凄くきにいりました。
すごく、良いです。はい。

>「フォーエバー・ユー」は,これから聴きます。
わぁ、こっちはどうだったかなぁ。。
奥様と二人で、出会った頃をおもいだしながら、、
なんて、気分でありませんでした?
ちょっと、気になるのでありました。
このアルバムの色合い、デザイン、、実に私好み。。
すずっく、仕様です。(きっぱり)

すずっく |  2006/08/22 (火) 18:40 [ 編集 ] No.2247


買っちゃいましたよ。

例のマーチン・テイラーの「ジプシー・ジャーニー」とワケニウスの「フォーエバー・ユー」,両方とも買っちゃいました。まだ「ジプシー・ジャーニー」しか聴いてませんが。

<true>。え~ですね~。ギターの最も美しい弾き方って,こういうのを言うんですね。
アルバム全体としてイイし,ホント,教えていただき,感謝しますね。すっずくさんに教ええてもらわなければ,絶対避けて買わなかったアルバムですからね。

「フォーエバー・ユー」は,これから聴きます。なにせ,聴く暇もないくせ,どんどん買っちゃうからね。

明日から,夏休みをもらって,軽井沢に行ってきます。しばらくブログ更新はお休みです。

では,また。

criss to suzuk |  2006/08/18 (金) 23:40 [ 編集 ] No.2248


そうですねぇ。。

Trio Toykeatのピアノ凄いですよね。
そう、そして、太ってますぅ!
私は毎日、聴きたいタイプのアルバムじゃないけど、無視もできない、って路線です。はい。

で、聴くと、絶対みんな驚くとおもうのです。

そう、、フィンランドに行ったことのある母は、ここって、伝統的な?(アルゼンチンでないほう)タンゴが盛んだ、っていってました。

お客さん、、増加、、私も努力したことないのですが、、
最近、ちょっと、考えるところ、、あって、、
で、人生たまには、、目標つくるのもいいのかしら?
って、一瞬、、おもったんです。。
でも、駄目ね。才能無いわ。
入れ込んじゃうと、他の事、平行してできないし。。
一週間もブログ更新してないわ。。(T_T)

すずっく |  2006/08/17 (木) 12:39 [ 編集 ] No.2249

コメントを投稿する 記事: Trio Toykeat 『 Jazzlantis 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Joe Sample 『 Rainbow Seeker 』
この前の記事 : Christian Jacob 『 Contradictions 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。