雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Joe Sample 『 Rainbow Seeker 』

   ↑  2006/08/14 (月)  カテゴリー: 未分類

ある人は学生運動の最中に聴いたアルバート・アイラーに夢中になりジャズの世界に踏み入ったかもしれない。またある人は,彼氏から貰ったビル・エヴァンスの『 Waltz For Debby 』を聴いて彼氏以上にジャズに夢中になったかもしれない。それが菊池成孔でもいいし,アール・クルーでもいい。ジャズ・ワンダーランドは無数のエントランスを用意しているのだ。そして,ジャズは何処からの訪問者にも寛大なものだ。

1981年,僕は大学受験のため御茶ノ水の駿河台予備校に通う予備校生で,寝る時間以外は勉強するしかない非人間的な生活をしていた。ある日僕は中野にある中古電気店で,黒人が肩に乗せて歩いているような大きなラジカセを3万円で買った。中央線で千駄木の下宿まで持ち帰るとすぐさま,カセットテープをセットしFM東京の番組をエアー・チェックし始めた。

そしてそこで僕は,その後の人生を大きく変えてしまうことになるジャズとの運命的出会いを経験することになった。

「ジャズ・キーボーディスト特集」。それが番組のタイトル。夜7時の番組だった。キーボーディストは,ジョー・サンプル,リチャード・ティー,ラムゼイ・ルイス,そしてジョー・ザビヌルの4人。当然,ジャズというよりフュージョンだったが,当時の僕にはそんなことを知る由もなかった。僕は彼らの洗練されたピアノやローズ,シンセの音に心底一目ぼれしてしまったのだった。

ジョー・サンプルはアルバム『 Rainbow Seeker 』から《 Melodies of Love 》。
ラムゼイ・ルイスは『 The In Crowd から《 The In Crowd 》。
ジョー・ザビヌルはWRの『 Night Passage 』から《 Rockin’ In Rhythm 》。
リチャード・ティーは『 Strokin’ 』から《 Strokin’ 》。

毎日,テープが伸び切るまで聴いた。浪人生活からくる得体の知れない焦燥,不安。挫折感。そんな心を彼らの音楽は柔らかく包み込み,癒してくれた。

今,こうして高価な装置で聴く彼らのジャズは確かに緻密でクリアで美しく響く。しかし,1981年の夏,じりじり肌を突き刺す西日の差し込む4畳一間の安アパートで聴いたジョー・サンプルは,今より何倍も美しく,そして何倍も悲しかった。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-904.html

2006/08/14 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


ゴホン

>クリスさん、お体の具合はいかがですか?
熱はさがったのですが、咳が止まらずつらいです。

4月以降、元気なときよりも、風邪をひいいているときのほうが多いみたいです。

僕が思うに、4月から生まれて初めての電車通勤になったのですが、あの満員地下鉄が病原菌の巣なのでは、と疑っております。必ず車中でゴホンゴホンと咳をしている人がいますし、吊革だって何だか汚そうだし、たぶん、電車通勤が風邪をひきやすくなった原因ではないかと、疑っています。

>お蔭様で、義父も退院出来、今は、自宅で少しずつ食事をし、生活に慣れる訓練をしています。

本当にトラブルもなく退院できてよかったですね。
でも、本当の闘いはこれからです。
手術は出発点に過ぎません。
上手くいって当然。
これから5年間が勝負です。
がんばってくださいね。

では、また。
まだ、仕事中なもので。

criss to ひまわりさん |  2008/06/27 (金) 17:25 [ 編集 ] No.2250


青春の日々

 クリスさん、お体の具合はいかがですか?
風邪が早くよくなりますように、、、

 クリスさんの浪人時代のお話を読みながら、
こういう経験をされているから、
今のクリスさんがみえるのかな?
って思いました。
お蔭様で、義父も退院出来、今は、自宅で少しずつ食事をし、生活に慣れる訓練をしています。
同じ経験をしても、人の痛みがわかるかどうかは、人それぞれですが、
4畳一間で聴かれた音楽の尊さは、すごく伝わってきました。
私も、話せば長くなるような経験たくさんありますよ。

 ジョー・サンプルは懐かしいです。
大学の1年の時、入部するか、迷っていたクラブで、自己紹介をしなければならなくなり、ピアノがあったので、少しだけ即興をしたら、先輩から、君のピアノはジョー・サンプルみたいだよ、
と言われ、
後日、「渚の」をテープに入れたのをいただきました。
こんな、すごい演奏と自分との違いは本人にはわかりますが、気を良くしてクラブに入り、4年間過ごしていました。
ジョー・サンプルはライブにも随分、足を運びました。
 アール・クルーは、深夜の城達也さん(この字でいいのかな?)の番組で初めて聴いて、録音して聴いていたのを思い出します。

 

 
 

ひまわり |  2008/06/27 (金) 12:56 [ 編集 ] No.2251


はじめまして。

こんなジャズ・ブログといっても偏見の塊みたいな所へおいでくださって,ほんとうにありがとうごじます。

木曽さんはクラシックがご趣味のようですが,ジョー・サンプルなんかも聴かれたのですね。僕もクラシックは多少,収集していますが,記事にするほどの薀蓄はありませんが。

僕はブルックナーとラフマニノフが好きです。

また暇な時には覗きに来てくださいね。
そして,なんでもいいですから足跡付けていってください。
では,また。

criss to 木曽さん |  2006/08/27 (日) 21:52 [ 編集 ] No.2252


ジョー・サンプル

こんにちは。はじめまして。
時々覗かせてもらっていましたが、はじめてコメントできるエントリーで嬉しいです。
ジョー・サンプル、好きでした。
とくに最初のソロ3作「虹の楽園」「カーメル」「Voices in the Rain」は、
文字通りLPがすりきれるまで聴きました。
記事を読んで久しぶりに「Melodies of Love」を(さすがにCDで)聴いてみましたが
やっぱり良いですね~。

木曽 |  2006/08/26 (土) 23:04 [ 編集 ] No.2253


朴みんさん,はじめまして。

コメント,ありがとうございます。

>村上龍の番組で『龍”sバー』というのがありましてそのエンディングで『クレオパトラの夢』が使われててそれからジャズが好きになりましたね。

僕もよく覚えています。確か,あの「クレオパトラの夢」は山本剛だったような?

日本人はあの曲好きですからね。アメリカ人はほとんど知らないみたいですけど。

これからも,お暇な時に来てくださいね。そしてコメント入れてください。僕も忙しくてすぐにレス付けられませんが,必ずレスしますので。

では,また。
おやすみなさい。

criss to 朴みん |  2006/08/16 (水) 23:17 [ 編集 ] No.2254


じょー・さんぷる

>ジョー・サンプルは【CRMEL】ばかり聴いていました。

carmelは邦題「渚にて」,rainbow seekerは「虹の楽園」でしったっけ。懐かしいですね~。僕はクルセーダーズでは「旋風に舞う」が大好きで,ドライブの定番でしたよ。

>ジャズピアノのレッスンに通うようになって一年ほど、手当たり次第に聴いていた時期だったと思います。
ジョー・サンプルって,軽そうな綺麗なローズ弾くけど,実際見るとかなりタッチが強いですよね。素人にはああは弾けません。

criss to あずき |  2006/08/16 (水) 23:07 [ 編集 ] No.2255


そうですね~,

同じジャズ好きでも,人によってこんなに聴いているジャズが異なるとは,正直,ブログを始めて痛感しました。

僕もジャズから離れていた頃があって,ちょうと1990年代の半ばはほとんどジャズの新譜は聴いていませんでした。それが再びジャズにのめりこんだのが1998年のジョシュア・レッドマンの「timeless tales」だったんですけどね。それからというものジャズ熱は不思議と冷めません。

criss to monaka |  2006/08/16 (水) 23:01 [ 編集 ] No.2256


初めのジャズ

初めてジャズを聞いたのは高校一年生の時だった。背伸びしたくて聞いてみました。リーワイリーのマンハッタン。大人すぎましたね。全然好きになれなかったです(笑)暫くして村上龍の番組で『龍”sバー』というのがありましてそのエンディングで『クレオパトラの夢』が使われててそれからジャズが好きになりましたね。かれこれ15年くらい経ちますが事あるたびに挫折しております

朴みん |  2006/08/15 (火) 17:09 [ 編集 ] No.2257


その頃

ジャズピアノのレッスンに通うようになって一年ほど、手当たり次第に聴いていた時期だったと思います。
ジョー・サンプルは【CRMEL】ばかり聴いていました。友人に借りたレコードカセットテープにダビングしてそれこそテープが伸びるまで。

あずき |  2006/08/15 (火) 11:53 [ 編集 ] No.2258


JAZZは異なもの

monakaです。
jazzとは懐深いものですね。聴く人の状況に合わせた世界があり、その世界の重なりが他人との認知しあいであったりして。私はこのころから、JAZZと離れる時を迎えました。フュージョンが元気がなくなり、そのあと何故4ビートなのか思っている時期でした
。今元気になっていますけど。

monaka |  2006/08/14 (月) 23:52 [ 編集 ] No.2259

コメントを投稿する 記事: Joe Sample 『 Rainbow Seeker 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。