雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Branford Marsalis 『 Braggtown 』

   ↑  2006/09/17 (日)  カテゴリー: 未分類

もともと僕はブランフォード・マルサリスが駄目で,巧いのは分かるんだけど,どうも好きになれないんです。世間が“現代サックス界最高峰”とか“なになに賞受賞”とか褒め称えるからついつい新譜が出ると買ってしまうけど,ほとんど当たりの経験がありません。だからColumbia時代など『Royal Garden Blues 』以外は既に手元にありません。同じタイプであろうケニー・ギャレットは大好きなのに自分でも不思議です。どうしてでしょうかね。モード・スケール・エクササイズ的なメカニカルなフレーズ,歌心の無いバラード,それにあのソプラノの音色など,気になりだすと無性に嫌になる。

結局,彼の音楽って真面目一辺倒でエンターテインメントの要素があまり感じられないんですね。ジャズに対する真摯な姿勢は生まれ育った拭い去れない音楽家庭環境によるものなのでしょうけど,媚びる必要はありませんが,もう少し聴き手へのサービスを忘れないで欲しいと思ったりもします。

廣瀬大輔さんがRittor Music出版の『 Spiritual Jazz 』 (小川充 監修)の中で次のように述べています。

《 作品で“何を表現したいか”,“それを表現できる技術があるか”,それが伝わっているか“といったことはいかなる音楽でも聴き手にとって重要なファクターであると考える。 》

そう,3番目が彼の音楽には無いんです。ブランフォードの目指すジャズは分かるけれど,それが僕の心の響いてこない。そんな気がします。

ということで,ブランフォードの新作『 Braggtown 』が発売になったのですが,やっぱりメディアでの評判ほど良いとは思いません。M-1 《 Jack Baker 》は一発モードのコルトレーン路線で,凄まじい破壊力のジェフ・ワッツのドラムに乗せてブランフォードが吹きまくる曲。これは良かった。Marsalis Music第一弾の『 Footsteps of Our Fathers 』(2002)や『 A Love Supreme Live in Amsterdam 』(2004 DVD&CD)の流れが今回も見られるのは嬉しかったですね。

でもその後はあまりパッとしない曲ばかり。バラードも多いし,中にはM-5《 O Solitude 》のようにEGEA風のチェンバー・ジャズもあったりと,良く言えば多彩。悪く言えば統一感のない聴いていて妙に疲れるアルバムです。ちょうど前作の『 Eternal 』と『 A Love Supreme Live in Amsterdam 』を1枚にまとめちゃった感じかな。

ジェフ・ワッツやジョーイ君など,ギャラの馬鹿高いメンバーを集めているのだから,もう少し出来が良くても良いような気もしますが,昔のColumbia時代に比べたら段々面白くなってきたので,次作に期待することにしましょう。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-922.html

2006/09/17 | Comment (9) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


こちらこそ

よろしくお願い致します。
僕も時々おじゃまさせていただきます。

criss to oza |  2006/09/26 (火) 12:56 [ 編集 ] No.2309


Unknown

酷評は、言い過ぎだったかもしれません(スイマセン)
>ギャラの馬鹿高いメンバーを集めているのだから,もう少し出来が良くても。。。
に、過剰反応しちゃった感じです。
TBありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

oza。 |  2006/09/23 (土) 21:03 [ 編集 ] No.2310


naryさん,こんばんわ。

多分,naryさんは4つ★だと,予想していました。
あたりですね(笑)。

僕はちょっと点数低いですが,
愛聴度★★
評価★★★★

ですかね。

criss to nary |  2006/09/23 (土) 20:06 [ 編集 ] No.2311


はじめまして。

それほど,酷評したつもりはないのですが,ちょっと,厳しい表現,多かったかな。

トラバ,ありがとうございます。こちらからもトラバさせていただきました。今後とも,よろしくお願いします。

criss to oza |  2006/09/23 (土) 19:54 [ 編集 ] No.2312


クリスさん、こんばんは

ブランフォード記事、本日ようやくUPしました。
ちなみに星4つでしたよ(^^)
TBさせていただきます。

nary |  2006/09/21 (木) 22:04 [ 編集 ] No.2313


はじめまして

\"oza。\"と申します。
私も、この盤よりも前の盤かなぁという印象ですが
酷評するほどでもないかなぁとも思いますが..
4、5曲目あたりは・・・ですけど。
TBさせていただきます。

今後ともよろしくお願いします。

oza。(pabljxan) |  2006/09/20 (水) 06:25 [ 編集 ] No.2314


こちらからもTBさせていただきます。

「Eternal」については同感です。
眠りを誘うアルバムです。
僕は1曲目のコルトレーン・ライクな曲が好きですね。

こちらからもTBさせていただきます。

criss to monaka |  2006/09/18 (月) 22:07 [ 編集 ] No.2315


いろいろ入ってますね

クリスさん、こんにちわ。monakaです。
私もマルサリス兄弟は聞いていなくて、特に弟は苦手です。ブランフォードは“Contemporary Jazz”ですごいと思って聴くようになりました。“Eternal”はかなり好きです。このアルバムでは、最後の曲“BLACK ELK SPEAKS”がストレートで素直でよいと思っています。 TBさせていただきました。

monaka |  2006/09/18 (月) 13:44 [ 編集 ] No.2316


ブランフォード

私は一番好きなテナー奏者なのですが、まだ聴いてません。
というかまだレコード店に引取りにも行ってませんよ(苦笑)
ナカーラさんのホームページでも酷評していましたので、あせって聴くこともないような気がしてきました。
やっぱりブランフォードはライブに限りますね。

nary |  2006/09/17 (日) 22:02 [ 編集 ] No.2317

コメントを投稿する 記事: Branford Marsalis 『 Braggtown 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。