雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Johnny Case 『 Waiting for the Moment 』

   ↑  2006/10/07 (土)  カテゴリー: 未分類

拙ブログで以前お話した「猫屋敷に住む女の子」O嬢の「その後」についてちょっと。

一年ほど前は2DKの賃貸マンションに20匹のアビシニアンと暮らしていましたが,その後,親子間の交配,良く言えばインブリード,ようは乱交配の結果,なんと30匹に繁殖してしまったのでした。そんなO嬢が先日めでたく結婚し,新居として4LDKの豪華新築マンションを購入しました。旦那さんは長年付き合っていた熊みたいな人です。ちょっと彼女は<デブ専>入っているのですけどね。

と,ここまでは良いのですが,なにしろ賃貸マンションの大家さんには30匹もの猫を飼っていたことなど同然内緒。さあ,大変。退去に支払わなければならない修理費用ってどのくらいだったと思います。なんと110万円ですって。彼女の両親に頼み込んで全額支払ってもらったそうですが,その代わりに30匹の猫を処分するという約束を交わしたそうな。O嬢は知り合いや同僚に頼んで数匹は里親を見つけられたようですが,残りの20匹余りは,,,。

僕:「で,残りの猫はどうしたのさ。」

O嬢:「いやー,夜中にね,○○公園(都内有数の巨大公園)に行ってね,それでね,ぱーと籠から出したのよ。20匹。足元から離れない子だけ連れて帰ろうと思って。そしたらさ~,あの子達ってホント薄情。みーんな蜘蛛の子を散らすようにいなくなっちゃて,結局2匹しか戻ってこないんだよね~。」

僕:「でも,それっていいの?」

O嬢:「きゃっはっは。いいの,いいの。」

僕:「君の方が,よっぽど薄情だと思うよ,絶対。」

O嬢:「ちょと,失礼ね!」

僕:「で,今は何匹いるの」

O嬢:「8匹。それがさ~,運悪く,雄4匹,雌4匹で,またやり放題なのよね~。」

僕:「早く去勢しないとまた増えるよ。」

O嬢:「分かってるってば。ね,去勢費用出してくれない?」

僕:「……」

てなわけで,全く懲りていないバカ女なのですが,憎めない可愛い子です。

ということで,今日は「猫ジャケ」を棚から探してきました。先日発売になったジャズ批評No133にも羽根智敬氏が紹介していたジョニー・ケースの『 Waiting for the Moment 』(2003 Sea Breeze Jazz)です。テキサスで活躍中のほとんど日本では無名のピアニストですが,これがなかなか素敵です。現代版ウイントン・ケリーとも言うべきバップ・イディオム主体のスインギーな好盤です。欧州叙情派ピアニストを嘲笑うかのように小気味良く歌います。

ホレス・シルバーの《 Sister Sadie 》や《 Nica’s Dream 》などを聴いていると自然に足でリズムをとったり,太ももを叩いてリズムを刻んだり,完全にボディー・パーカッションしっちゃて,なんとも愉しいアルバムです。

明日は,横濱ジャズプロムナードに行く予定です。その前に仕事終わらせなきゃ。今日は寝れない。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-933.html

2006/10/07 | Comment (1) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 横濱ジャズプロムナード
この前の記事 : 男の隠れ家

Comment


今さらながらの報告ですが、バトン繋がっていきました。
ジャズプロムナード、お友達のベーシスト安ヶ川大樹さんが出てまーす。(^^)私も来月は関内の村尾陸男さんのLive Houseの仕事があります。頑張りまーす。
バトン繋がり記念に、ブックマークさせていただいてもよろしいでしょうか?
では。。。

Sophia |  2006/10/08 (日) 10:41 [ 編集 ] No.2400

コメントを投稿する 記事: Johnny Case 『 Waiting for the Moment 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 横濱ジャズプロムナード
この前の記事 : 男の隠れ家
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。