雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Thomas Fryland 『 Another Song 』

   ↑  2006/10/28 (土)  カテゴリー: 未分類

学会や試験やらで20日も更新していませんでした。まだ全て片付いたわけではないのですが,今日は土曜日だし,少しぐらい休憩してもいいだろうと,キーボードを叩いています。

医療の世界も臨床だけやっているのなら楽しいんですけどね。やれ認定試験だ,やれ何とか学会で発表しろだとか,特にこの季節は多くて。早く大学辞めて開業でもしたいな~なんてつぶやいてみても,先立つ資金もなし。仕方なく煩い院長に媚売りながら病棟を駆けずり回る日々。

あ~あ,宝くじ当たらないかな~,手持ちの株が大化けしないかな~,なんて空しい幻想を描いて今日も一日があっという間に終わってしまいました。
そう,何だか,最近,鬱でね。試験近いし。

てなわけで,最近新譜を聴く暇がなくて….と言いたいところですが,実は,忙しいながらもちゃんと新譜は聴いております。書く暇はなくても聴く暇は意外にあるものです。Kasper Villaume(キャスパー・ヴィヨーム)の『 Footprints 』。よがったぁ~。M7《 Thema From MASH 》のヴィヨームのソロなんか国宝級ですよ。こいつは絶対,大物になりまっせ。それからMarco Tamburini(マルコ・タンブリーニ)の『 Frenico 』もなかなか面白かったですね。このところ車中でへびー・ろーてーしょん,です。

で,今日の一枚は,久々のThomas Fryland(トーマス・フライランド)の新作です。今まで,music mecca やmusic partner からリリースされていましたが,今回はstuntからのデビュー作になります。彼のHPによると,本作が11枚目のリーダー作のようです。結構出していたのですね。1969年にドイツとの国境に近いデンマークの小さな町で生まれ,7歳からトランペットをはじめ,有名なハーグ王立音楽院で修練したそうです。彼の音に対して,以前に拙ブログで既に書いていますので,そのままコピペしておきます。

《 ~世代的にはマルサリスと同世代なのでしょうけど,マルサリスが伝統の継承発展を命題にして今日のジャズを牽引しているのに対して,フライランドは伝統に敬意を示し,伝統を慈しみ,その中で自己表現をしていくタイプのようです。決してフレーズも取り上げる楽曲も新しくないのですが,一音一音を丁寧に歌い上げ,聴き手の心に溶けいる優しさがあります。高音ではブリリアントに,低音ではサブトーン豊かに朗々と歌い上げます。 》

よく,チェット・ベイカーに譬えられるようです。確かに似てます。チェットがもし,ドラッグに染まらなかったら,きっと,今頃はこんなジャズを奏でていたかもしれません。

僕にトーマス・フライランドを教えてくれたのは,今は無き吉祥寺の『 A&F 』でした。だいぶ前のことです。『 Playing In The Breeze 』が発売され間もない頃ですから,もう10年近く経ちます。今まで数多くのジャズ喫茶に行きましたが,あの『 A&F 』の狭くて暗い空間がたまらなく好きで,そんな《 My隠れ家 》で聴いたフライランドの優しいフリューゲルホーンが忘れられません。あ~,なんでなくなっちゃンだろう。寂しい。

Thomas Fryland 『 Another Song 』2006 Stunt STUNTCD06072
Thomas Fryland (tp)
Jim Mcneely (p)
Jesper Lundgaard (b)
Aage Tanggaard (ds)
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-935.html

2006/10/28 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 真に僭越ながら...
この前の記事 : 横濱ジャズプロムナード

Comment

コメントを投稿する 記事: Thomas Fryland 『 Another Song 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 真に僭越ながら...
この前の記事 : 横濱ジャズプロムナード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。