雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

E.S.T. 『 Winter In Venice 』

   ↑  2006/12/19 (火)  カテゴリー: 未分類

E.S.T. の全10作品,14年間の軌跡の中で,最もジャズ・ピアノらしい作品が本作,『 Winter In Venice 』です。

19970年当時には彼らはすでにエレクトロニクスの導入を虎視眈々ともくろんでいたと思われますが,前項でお話ししたように,アコースティックにこだわるプロデューサー,Johan Ekelund (ヨハン・イーケルンド)の主導により,本作では100%アコースティック・サウンドが聴かれます。おそらく,年配のジャズ・ファンもこれなら拍手喝采してくれるでしょう。近年のE.S.T. の作品しか聴いていない方の中には,「どうもこいつら胡散臭い,似非ジャズメンだ。」と馬鹿にしている方も多いかと思いますが,いやいやどうして,この『 Winter In Venice 』以前の作品を聴いたらきっとぶっ飛びますよ。キース・ジャレットからもろ影響を受けました,と言う分かりやすい作風ですが,やはり1960年代生まれのロック・ポップスを聴きながら育った環境因子の影響もあって,単なるキースの焼き回し,リメイクではありません。

全曲オリジナルですが,ポップスやフォーク調のテーマを持った楽曲が多く,しかしアドリブは完全にジャズしてます。タイトル曲 《 Winter In Venice 》 に聴かれる翳りある叙情性。こんな美しいメロディーを奏でる人が,後にどうしてあの轟音ロック・ジャズに走ったのか。不思議でなりません。

本作は2002年発売のジャズ批評 No.113 『 続ピアノ・トリオ最前線 』で彼らの代表作として取り上げられていますが,現在でもその評価は変わらないでしょう。ちなみにエスビョルン・スヴェンソンは1995年,1996年に年間最優秀スウェーデン人・ジャズ・ミュージシャンに選ばれ,1997年の本作はスウェーデン・グラミー賞を獲得しています。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-959.html

2006/12/19 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : E.S.T. 『 From Gagarin’s Point of view 』
この前の記事 : E.S.T. 『 Winter In Venice 』

Comment


廃盤レア盤

>しかし、廃盤レア盤と廉価盤の価格差がすごいので、ちょっとびっくりしてしまいました。

Diskunion の廃盤の値段設定は、まあ許せるとしても、秋葉の石丸6階の輸入盤フロアの廃盤に対する値段設定は常軌を逸していますよ。今度、時間があったら覗いてみてください。

ふざけた値札を見て、「こんなの売れねーよ」と思っていますが、次に行った時には売れていたりするので、世の中、いろんな価値観をもったジャズ・ファンっているもんだんあ~と半ば呆れています。

criss to Marty |  2008/02/09 (土) 00:35 [ 編集 ] No.2480


Re:これも

クリスさん、こんばんは。
私はestに詳しくないのですが、今のestからは想像できない作品ですね。

>完全にDU中毒患者です。
今回9枚買って1万円ちょっとでしたから、近くにあったら完全に中毒患者になりそうです。しかし、廃盤レア盤と廉価盤の価格差がすごいので、ちょっとびっくりしてしまいました。

Marty |  2008/02/03 (日) 22:57 [ 編集 ] No.2481


これも

良かったでしょ。
今のestからは想像できないジャズ作品ですよね。

>しかし家の近くにUNIONがあったら破産しそう
僕の家から車で15分で行けてしまうんですよ。
最悪でしょ。一週間行かないでいると吐き気がしてきますよ。完全にDU中毒患者です。

criss to Marty |  2008/02/03 (日) 22:09 [ 編集 ] No.2482


これも

この盤もクリスさんお薦めだった記憶があり、お茶の水のUNIONで購入しました。
しかし家の近くにUNIONがあったら破産しそう 
1年に2~3回だから、まあ良しとしよう。

Marty |  2008/02/01 (金) 01:20 [ 編集 ] No.2483


試験

wani さん,こんにちは。

おかげさまで,消化器外科の専門医試験,無事合格しました。
とりあえず,ほっとしてます。

wani さんは乳腺専門なのですね。うちの医局でもマンマ班の人は最近は消化器外科専門医まではとらないようです。昔にくらべて,更に乳腺外科が消化器から独立してきて,完全に乳腺だけ診療していると言った感じです。逆に僕なんか,乳切はできるけど,化学療法の知識などに乏しく,一人では全く乳腺が診療できません。

ということで,ESTで一枚,となれば「ガガーリン」が良いですよ。

criss to wani |  2006/12/20 (水) 13:04 [ 編集 ] No.2484


食わず嫌い

 私は、今までESTをあまり好きでない北欧系と決めつけて聴いてませんでした。早速試してみます。
 試験の件ですが、この数年、乳腺外科ばかりで、さらに地方の公立病院勤務だと教育セミナーも行けないから、と言い訳して、受けてないんですよ。

wani |  2006/12/20 (水) 12:09 [ 編集 ] No.2485

コメントを投稿する 記事: E.S.T. 『 Winter In Venice 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : E.S.T. 『 From Gagarin’s Point of view 』
この前の記事 : E.S.T. 『 Winter In Venice 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。