雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Baptiste Trotignon  『 Flower Power 』 つづき

   ↑  2006/12/30 (土)  カテゴリー: 未分類

M-6: ジェームス・テイラー 《 Don't let me be lonely 》1972年
レミ・ヴィニョーロのピチカートで奏でられたテーマにつづき,トロティニョンが単音で丁寧にゆっくりアドリブに入るのですが,歌心に満ちた暖かいフレーズに心打たれます。原曲ではマイケル・ブレッカーが間奏を吹いていたことは有名ですが,2001年のブレッカーのアルバム『 Nearness of You 』では,この《 Don't let~ 》を今度はジェームス・テイラーをゲストに招いて30年ぶりの再演を聴かせてくれました。
http://www.excite.co.jp/music/store/artist/81080635/?mode=tune

M-7: ボブ・ディラン 《 Mr Tambourine man 》1965年
中学1年の時,8万円で買ってもらったモーリスのギターで,ディランの《 風に吹かれて 》や《 ミスター・タンブリン・マン 》をよく弾いて遊んでいたっけ。

M-8: サイモン&ガーファンクル 《 明日に架ける橋 》1970年
サイモン&ガーファンクルの最高傑作。原曲もピアノだけの伴奏でアート・ガーファンクルが歌っていました。ここでは3/4拍子で演奏されています。ここでもトロティニョンのソロが素晴らしい出来です。今まで,トロティニョンってシリアスな音楽が似合う人かと思ってましたが,意外に歌物を弾かせても上手いんですね。彼の多面的な音楽性が垣間見れる快演です。
http://www03.morawin.jp/artist/80312130/14190902/

M-9: レオ・フェレ 《 C'est extra 》1970年
フランスのシャンソン歌手だそうです。僕は知りませんでした。全くシャンソンには疎いもので。でも好旋律の美曲です。原曲が聴いてみたくなりましたが試聴できるサイトを探せませんでした。哀愁漂うメロディーをトロティニョンが丁寧に感情豊かに綴っていきます。最後は溢れ出る情念が爆発し,フリー・フォーム直前で寸止めエンディング。

M-10: エルトン・ジョン 《 Your song 》1970年
《 Your song 》をピアノ・トリオで演奏すると聴いただけであまりにもベタすぎて退いちゃいますが,実はこの曲こそ本アルバム中の最高の出来具合なんです。キラー・チューンですわ。完全に嵌まりました。
1分40秒から2分42秒の1分間のトロティニョンのアドリブが最高。至福の美メロの時です。今まで何となく距離感のあったトロティニョンが一気に身近な親友になった瞬間です。こういう美旋律の出会いがあるからジャズは止められないんですよね。

M-11: ドアーズ 《 The End 》1967年
1970年にビートルズの解散,ジャニス・ジョプリンとジミー・ヘンドリックスの相次ぐ麻薬による死。そして翌年71年にドアーズのジム・モリソンも麻薬中毒死。こうして「フラワー・ムーブメント」は終焉を迎えるわけですね。本作も《 The End 》で静かに幕を下ろします。

関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-967.html

2006/12/30 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Baptiste Trotignon  『 Flower Power 』 つづき

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。