雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Alessandro Carabelli 『 Aphrodite 』

   ↑  2007/01/13 (土)  カテゴリー: 未分類

輸入盤店に並ぶ千紫万紅の彩りを見せる新譜達の中にあって,ひときわ美しいジャケットで輝きを放っていた本作に一目惚れして思わずレジへ。分別のつく大人なんだから色目をつかう美女に惑わされてはいけないと常々気をつけていたのに。でもこの全くのジャケ買い,よく見ると< feat. Franco ambrosetti >の文字が。おぉ~,これは何となく愛聴盤になりそうな予感。

リーダーのピアニスト,アッレサンドロ・カラベリはイタリア,ヴァレーゼ生まれの42歳。初めて耳にする名前ですが,biography によると既に15年にわたり音楽活動をしてきたベテラン。ただ今までの共演者リストを見る限りほとんどがイタリア国内のミュージシャンで,しかもリーダー作は本作を含めて2作品しかなく,日本ではよほどイタリアン・ジャズをウォッチしているファン以外は今まで馴染みがなかったと思われます。

全編彼のオリジナルで,基本的には Jarrett-style を踏襲する抒情派ピアニストですが,あくまでイタリアン・スパイスをふりかけた陰影豊かな哀愁感漂う作風です。地中海色の光と影のコントラスト。光は眼が眩むばかりに輝きを放ち,影は闇の世界に深く沈みこむ。そんな繊細な色彩情景を想起させる楽曲が並んでいます。タイトルの『 Aphrodite 』(アフロディーテ)とはギリシャ神話におけるオリンポス十二神の一柱で,「愛と美の女神」(英語名はVenus)のこと。まさに1曲1曲がイタリアン・ルネッサンスの絵画を鑑賞しているかのようです。

フランコ・アンブロゼッティが抑制を効かせた甘美で優雅なミュートを披露し,ルシアーノ・ザドロの優しいナイロン弦ギターの音色も素敵で,それにも増してカラベリの涙腺直撃の美メロにうっとりと,なんてイタリアーノなジャズなの~,とイタリアに行ったこともないのに叫んでしまいます。そうそう,“ EGEA サウンド + ドラム ”のような趣もあります。

最近BGMとして頻繁に聴いていますが,不思議と飽きません。全体に大人しいサウンドで緩急起伏に乏しく一般受けはしないかもしれませんが,イタリアン・ジャズ・ウォッチャーには自信を持ってお薦めできる作品です。





関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-980.html

2007/01/13 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


けっこう好きですよ,

こういうジャケット。

ぱっと見,イタリアのクラブジャズ・レーベル
「SCHEMA 」の新譜かと勘違いするほど洒落ていると
思ったのですが・・・。

でも,monakaさんにはお薦めできませんね,たぶん。
甘すぎるんですよね,ほとんどの人には。

今日,仕事帰りに茶水のDU寄ったら,既に本作の中古が一枚ありましたよ。ピアノのA~D(?)の仕切りに見つけました。1570円だったと思います。

criss to monaka |  2007/01/13 (土) 22:16 [ 編集 ] No.2500


勇気あるなー

クリスさん、こんにちは、monakaです。
このジャケットを買うのは、かなり勇気いりませんか? クリスさんの感ですか。そして読むと良さそうなところ、困ります。最近かなりしっかり刺激を受けるもの、ヒットしていますのでこのアルバムはきっと忘れてしまいそう。

monaka |  2007/01/13 (土) 21:48 [ 編集 ] No.2501

コメントを投稿する 記事: Alessandro Carabelli 『 Aphrodite 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。