雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』

   ↑  2007/02/02 (金)  カテゴリー: 未分類

リンクを貼らしていただいているブログ「 Sugarのちょっとお寄りなさいよ 」の管理人であるSugarさんが,サウンドデザイン社のフルデジタルアンプ,SD05 を手に入れたとのことで,その導入レポートがアップされています。ホント,羨ましい限りです。50万円もするハイエンド・オーディオをポンと買えちゃうSugarさんは,さぞや裕福な方なのであろうと想像しながら,自分の貧弱な装置を前にふて腐れ気味な気分でおります。今,隣で「中居正広の金曜のスマたちへ」を見ながら大笑いしている妻の横顔を見ていると,「こいつさえいなければ,俺だってSD05買えるのに…。」と,一瞬《 離婚 》の二文字が頭をよぎったりして。

Goo ブログには「アクセス解析」という機能があり,どんな検索キーワードで拙ブログにたどり着いたのかがわかるようになっているのですが,時々,面白いキーワードで拙ブログに来られる方がいらっしゃいます。つい2,3日前のことですが,キーワード《 オーディオ 妻 説得 》で何故か拙ブログがヒットしたらしく,ご訪問いただいた方がおられました。「高級オーディオを買うための妻の説得術」などという記事を書いた覚えは無く,それぞれ別のエントリー記事にたまたま3つのキーワードが分散して記されていたためなのでしょうが,何だかPCの向こう側にいる《 妻からお小遣いをあまりもらえない可愛そうなな中年オーディオマニアさん 》の姿が浮かび,思わず微笑んでしまいました。

かく言う私も,現在,妻を説得中なのです。欲しいブツは DENON のデジタルアンプ PMA-CX3 。126.000円也。これなら何とか買ってもらえそうです。出来れば同じ DENON のCDプレーヤー DCD-CX3 といっしょにと,交渉中です。フルデジタルアンプですから軽量,小型なので,サブ・システムとして仕事部屋の本棚にすっぽり収めて使おうと思ってます。そのうちELAC の小型スピーカーも手に入れ,ギンギンのデジタル武装でジャズを聴いてみたいと夢を膨らませていますが,妻もなかなか手ごわくて,すんなり首を縦に振りませんのです,これが。まあ,手に入れたらまた報告します。

さて,今日はノルウェーの正統派(というか旧派?)テナー奏者の Jan Kare Hystad (ヤン・コーレ・ヒスタッド)の新譜『 Vargtime 2 』( Gemini GMCD123 )を聴きながら書いています。2002年の『 Vargtime 』( Gemini GMCD111 )の続編にあたります。私はピアノで参加している Dag Arnesen (ダグ・アーネセン)狙いで買ったのですが,リーダーのヤン・コーレ・ヒスタッドもなかなかイイ感じで前作同様愛聴しております。2作とも基本メンバーは同じですが,曲によって男性or女性ヴォーカルが入ったり,管が入ったりして変化をもたせています。ヒスタッドのスタイルはひと言で言うとオールド・スタイルです。ベン・ウェブスターをソフィスティケイトしたような暖色系で男性的な落ち着いたトーンです。小賢しい小手先の技は披露せず,ひたすら雄弁に歌い上げます。あまり最近は耳にしなくなったタイプですが,世の中には意外にこういったベン・ウェブスターやレスター・ヤングのような古いタイプのテナーをマスターとして地道に活動しているミュージシャンが多いのではないでしょうか。

明日につづく....
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-986.html

2007/02/02 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 』
この前の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』

Comment


SD05

>なにしろ本当にハイエンドな方々(何百万も使っている方々)がこのアンプに乗り換えるのですから、本物かと。

そうみたいですね。話を聞けば聞くほど欲しくなっちゃうので,つらいです。

せめて20万ぐらいなら何とかへそくりで買えるのですが。

それに,僕,耳悪いし。50万出して良さが分からないともったいないし。安いDENONのデジタルアンプ&プレーヤーでしばらく我慢します。

でも,Sugarさんのレポートは楽しく拝読させていただきますので,どうかよろしく。

criss to sugar |  2007/02/03 (土) 00:48 [ 編集 ] No.2531


お久しぶりです。

最近,コメントなかったので,お仕事忙しいのかなと思ってました。

アルネセンの新作は,僕も3日前にHMVのサイトで購入しました。7~10日かかるようです。DUにはまだ置いてませんでしたよ。楽しみですね。

>旧作も1,800円で再発されるようです。この際持っていない作品を購入しようかなと考えています
いや~,僕は旧作は全部持ってるんで,ボーナストラックのために買いなおすのはちょっと。
そこまではいいかな,と思ってます。
それに,意外にブレッカーは好きでも,彼のリーダー作には良い作品が少ないというか,「ハドソン~」ぐらいしか今じゃ聴かないし。あ,あと,赤いジャケのやつ。ジョーイ・デフランチェスコがいるやつもけっこう好きですけど。

criss to marty |  2007/02/03 (土) 00:42 [ 編集 ] No.2532


呼び出されました!

クリスさん、どうもでございます。
KEFから「本当に」ハイエンドな音が鳴り出すというのは、凄いですよ。ただしハイエンドの金額はいかんせん100万単位ですが。SD05は50万円。特にCDを大量に持っている方には、福音となるアンプかと。
デジタル接続(RCA,BNC)が出来るCDPがあれば、いきなり凄い音がし出します。とはいえ試聴出来る所が少ない(本日ディスクユニオンには無かった!!)ので、一度でも聴けば納得できるはずなのですが。なにしろ本当にハイエンドな方々(何百万も使っている方々)がこのアンプに乗り換えるのですから、本物かと。
PS
Blog Workingは同時掲載ですね。(^^ゞ

Sugar |  2007/02/02 (金) 23:55 [ 編集 ] No.2533


Dag Arnesen

クリスさん、こんばんは。
このジャケットって、ピアノはDag Arnesenですよね。昨日、彼の新作「NORWEGIAN SONG」を入手しました。未だ聴いてませんが・・・。「Hope」や「Duality」のTerje Geweltがベースですので、今から楽しみです。

 さて、先ごろ亡くなったMichael Breckerの新作は3月21日発売のようですね。それに合わせて、旧作も1,800円で再発されるようです。この際持っていない作品を購入しようかなと考えています。いつも輸入盤派の私でも、日本盤のみ収録のボーナストラックってのに気を惹かれながら、どっちを購入しようか躊躇してしまいます。クリスさんはどうですか?

では、また。

Marty |  2007/02/02 (金) 23:29 [ 編集 ] No.2534

コメントを投稿する 記事: Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 』
この前の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。