雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Jan Kare Hystad 『 Vargtime 』

   ↑  2007/02/04 (日)  カテゴリー: 未分類

前回の続き。

ベン・ウェブスターといえばコールマン・ホーキンス,レスター・ヤングとともにテナー界のマエストロであり,溜息交じりのサブトーンと深いヴィブラートが印象的な豪快なテナー・マンでしたが,最近は滅多に聴く機会が減りました。昔は『 Sophisticated Lady 』 や 『 Soulville 』(ともにverve)などよく愛聴したものですが。本作『 Vargtime 』のリーダー,ヤン・コーレ・ヒスタッドの非技巧的なムーディーな語り口を聴いた時,まるでベン・ウェブスターの生まれ変わりのようだと懐かしさを覚えました。流行やトレンドなどというものとは無縁のところでしっかりジャズの伝統を継承している立派な音楽家って,素直に尊敬しちゃいました。でも売れないんですよね~,こういうタイプは。

本作はノルウェーの探偵小説を基に制作された1968年の映画 『 Vargtimmen 』(邦題:狼の時刻)の主人公で探偵であるヴァーグ・ヴェウムを題材にした,いわばサウンド・トラック的作品です。ヴァーグ・ヴェウムはスウェーデンのフィリップ・マーロウと例えられるほどの人気キャラクターのようです。

『 Vargtime 』,『 Vargtime 2 』とも,エリントン,ガーシュウィン,スタイン,ポーターらの名曲がすらりと名を連ね,1930年代の古き良きアメリカの香り漂うノスタルジックな仕上がりになっています。まるで『 Once Upon A Time In America 』の世界です。煙草を吸っているリタ・ヘイワースのジャケットも泣けますねぇ~。

ダグ・アルネセンと言えば,ノルウェーを代表する最新型のリリカル・ピアニストというイメージですが,ここでは完全にヒスタッドのカラーに染まり,スウィンギーな軽快なソロで作品全体に花を添えています。

本作を聴いていたら,なんだか清水靖晃の『 北京の秋 』を聴きたくなってきました。寒い季節にぴったりのロマンティック・バラードの傑作ですね。

話は変わりますが,今日,仕事帰りにちょっと神保町に寄って,最近できたばかりのジャズ喫茶,「 Big Boy 」に行ってきました。Disk Union 神保町店の裏手にある,15?程のこじんまりしたお店で,ジャズ喫茶には珍しく外から店内が丸見えでした。薄暗く空気の淀んだ隔絶空間としてのジャズ喫茶しかしらない僕としては,少々落ち着かない雰囲気でしたが,おそらくジャズ・ファン以外のお客をも取り込もうという意図があるのでしょう。

壁にはJBL 4343 がビルトインされていて,壁はJBLの色と同じくグレー。カウンター席が10席ぐらいで2人席テーブルが3つ。僕が行った時は7~8人のお客がいて結構マスターは忙しそうでした。カウンター席の常連さんやおそらくマスターの旧友らが来られていて店内は賑いをみせ,「私語厳禁」なんて無縁の明るいジャズ喫茶でした。音は意外に大きく,ジャズを本当に聴きたい人も楽しめる音量で,それでいて会話の声も聞こえる程度にボリューム調整されているようでした。

マスターはお洒落で温和な雰囲気をもった素敵な方でしたよ。いろいろな面で既成のジャズ喫茶の範疇には入らない洒落たお店で,「よし,ジャズを聴きに行くぞ~」といった覚悟など必要なく,仕事帰りに気楽に立ち寄るには良いお店だと思いました。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-987.html

2007/02/04 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 :  Jan Kare Hystad / Vargtime
この前の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』

Comment

コメントを投稿する 記事: Jan Kare Hystad 『 Vargtime 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 :  Jan Kare Hystad / Vargtime
この前の記事 : Jan Kare Hystad 『 Vargtime 2 』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。