雨の日にはジャズを聴きながら90年代以降のジャズを気ままに綴っています。 旧ブログ 『 雨の日には JAZZ を聴きながら 』 からのデータ移行は終了しました。ジャズ以外にも、時々デジタル関連の物欲記事、最近ハマっているカメラの話題も少しアップしています。 

ブログパーツ

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Franco Ambrosetti  『 Gin And Pentatonic 』

   ↑  2007/02/11 (日)  カテゴリー: 未分類

《 マイケル・ブレッカー追悼盤 No.3 》

2006年夏に MUZAK の Enja原盤権の使用契約が切れて,代わりに ward records が原盤権利を取得しました。その ward records から《 WARD/Enja名盤復刻シリーズ 》として発売されたのがフランコ・アンブロゼッティの『 Gin And Pentatonic 』です。

実は本作,『 Wings 』( 1983 enja )と『 Tentets 』( 1985 enja )というマイケル・ブレッカーがゲスト参加したアンブロゼッティの2枚のLPをカップリングしたコンピなのです。ただし編集にあたり2曲はカットされていますが。初発売は1992年ですので,今回はreissue ということになりますが, reissue にあたり未発表トラックとして《 Uptown ED 》が 追加収録されています。《 Uptown ED 》は1978年の『 Blue Montreux 』で演奏されているマイケル・ブレッカーの曲です。

話はちょっと逸れますが,先程,youtube で 「 Franco Ambrosetti 」で検索かけたら1つだけですがヒットしましてびっくりしました。なんとアンブロゼッティの映像があるんですよ。しかもマイケル・ブレッカー・バンドと競演した映像なんです。Goo ブログでは残念なことに objectタグが使用できないので仕方なくリンクだけ貼っておきます。

1988年のライブで,マイケル・ブレッカー・バンドのメンバーは,マイク・スターン,ジョーイ・カルデラッツォ,ジェフ・アンドリュー,そしてアダム・ナスバウムです。丁度マイケルの第二作目のリーダー作『 Don’t Try this At Home 』( 1988 Impulse )の頃のメンバーですね。アップされている曲は《 Nothing Personal 》で,これは初リーダー作 『 Michael Brecker 』( 1987 Impulse )や『 The Michael Brecker Band Live 』( 1993 Jazz Door )で聴くことが出来ます。個人的には『 The Michael Brecker Band Live 』収録の《 Nothing Personal 》 でのブレッカーのソロが大好きです。「 Michael Brecker’solo Best 5 」に入る名演かと思います。Youtube にアップされている映像はブレッカーとマイク・スターンのソロがカットされたアンブロゼッティだけの映像ですが,これが実にカッコイイ。インテリジェンス溢れるルックスで,ヴィジュアル的にもイイ感じで,16分音符で綴る怒涛の白熱ソロは,可愛そうだが完全にランディー・ブレッカーを超えています。
関連記事

(記事編集) http://jazzlab.blog67.fc2.com/blog-entry-991.html

2007/02/11 | Comment (0) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment

コメントを投稿する 記事: Franco Ambrosetti  『 Gin And Pentatonic 』

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。